FC2ブログ

Entries

花見

そろそろ散り始めたさくら。
以前から「お花見に行こうね!」と約束していた。
今日はバドミントンの日だ。
風があって少し寒い。
寒かったら行かないと決めていた。

午前中はバドミントンをした。11人で。
動き始めるとみんな「暑いあつい」と半袖になった。
私は暑くならない。
「そんなに着込んで暑くない?」「ぜえ~んぜん」
私は汗が出にくい体質のようだ。
一生懸命にシャトルを追っているんだけどなあ・・。
まだ動きが足りないのか?
真夏になったら汗が出るが、20度やそこらではいくら活躍しても駄目だ。

昼近くになった。
「お花見、どこがいい?」
二派に分かれた。
それではじゃんけんで決めようと、3回勝負のじゃんけんをした。
近くの公園がいいと言った私が代表でじゃんけんをした。
2回続けて勝って、市内の公園に決まった。
車に乗り合わせてるんるん!!
若い人に買い物をお任せして、久しぶりの大池公園のさくらを眺める。
ちらちら舞い落ちるさくらはやっぱり日本一の花だ。
「旅費を半額にしてでも、外国の人にもさくらを見せたいわねえ」
「日本のさくらが一番美しいわねえ」
弁当がやって来た。
ビニールシートを敷いて、輪になって会食する。
安い弁当だ。
食べるのに一生懸命で、さくらを見上げたのは満腹になってからだ。
おいしいシフォンケーキをよばれ、栗の渋皮煮をよばれ、ぶどうゼリーをよばれた。
これは別腹だ。
食べた後はお喋りの花が咲いた。
この花は散ることがなく続いた。
時計を見た人が「もうこんな時間、neru2.jpg
帰らなきゃあ。布団を干してあるの」
そう言ってたちあがったのをチャンスに、みんな痛い足をさすりながら立ち上がった。
「いいお花見だったわねえ」
「一年に一度のお花見よかったわねえ」

ところが・・。
ひとりだけ参加したかったのに、できなかった人が居た。
「わたし昨日も出かけたし、毎日弁当を食べさせるのは夫に悪い。やっぱり帰るわ」
そう言ってひとり自宅へ帰った。
ご主人は機嫌を損ねると何日も話をしないそうだ。
困ったご主人だが、彼女の気遣いもみあげたものだ。

「さくらさん ありがとう」
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1182-9be63892
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード