FC2ブログ

Entries

戻り

寒の戻りで寒い。
チラチラと雪が舞った。
細かい雪は積もらない。
あの雪を毎日見ていた時がある。
もうあれから16年になるか!
哀しい記念日になった2月7日。
しかし再生した。
あの粉雪は思い出を誘う雪だ。
今日も思い出の雪が降った。
買い物に出たら、あられが降った。
小さなあられだった。
コロコロと転がって、風に乗ってどこかへ行った。
♪ 雪やこんこ あられやこんこ・・
昨日とは打って変わっての寒さ。
枝先に挿したみかんを見つけて、ひよどりが来る。
あの鋭い眼は意外と臆病で、人影に気づくと逃げる。
時々メジロもつがいで姿を見せる。
眼の周りの化粧を忘れたのか?と思ったら、こちらの眼が悪かった。

午後は隣町へボランティアで行く。
ここは2か月に一度の訪問なので、近辺の変化が激しい。
角にある産院はもっと大きくなった。
もっともっと産院が繁盛して、子供が増えたらいい。
施設の前には新築家屋が2軒も建っていた。
グランドの向こうに4階建ての白い建物。
あれは老人施設なのか?
そう言えば、新聞広告に入っていた「有料老人ホーム」
あれだろうか?

今日はお客さんが20数名の前でハーモニカを吹いた。
マジックのSさんと、ハーモニカ係が5人。
元気なお爺さんが居て、腰掛を持って来てくれた。
「ありがとうございます」
ここで1時間を過ごした。
終わって外へ出たら、風が暖かい。
「室内の暖房がよく効いていたから、そう感じるだけだよ」
なるほど、外気は冷たく次第に身体が冷えて行った。
今夜か明日にはまた雪が積もるかもしれない。
先週の木曜日の朝は真っ白だった。
まだ寒の底だ。
冬眠はすまい、時間が惜しいと思っていたが寒い。
寒さに負けて、頭の回転が鈍く、何に手を付けたらいいのか?
結局何も無しの日が続く。

「元気をありがとう」hiyo.jpg




スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1119-5c5e27e0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード