FC2ブログ

Entries

手先

不器用な私は手先の細かい事は出来ない。
全てにおいて大まか人間である。
従って「認知症」の危険は大きい。

紙をめくったり、落し物を拾ったり・・指先でやる事が難しくなった。
あせればあせる程、時間がかかる。
そして物を落とす事が多くなった。
指先の握力が減った。
それらの原因は、指紋がなくなったからかも知れない。
学校で指紋を取ったのはもう何十年も昔のこと。
しかし不器用というか、指先の動きが悪くなったのは私だけじゃない。
気を付けて見ていたら、同輩の人達も落としたり、落し物を拾いそこなったりしている。
そしてそれを見て、悪いが・・ほっとする。
つねづね指先を鍛えなければの気持ちはある。
今日も百円ショップで毛糸の玉を一個買った。
それで、今はやりのケープを作ろうかと思っている。
一応考える。
棒針にしようか?鉤針にしようか?アフガン編みにしようか?
この寒波が去って、春が来たころに仕上がるだろう?
暖かくなったら、また鹿児島中央駅を目指してウォーキングが始まる。
そうしたらじっくり座って編み物どころではない。
暖かくなったら不要になる。

市民館に今、押し絵を展示している。
教室で習っている人たちの作品だ。
それを友達と見ながら「上手だねえ、指先が器用なのよねえ。羨ましいわ」と私が言った。
そして気が付いた。
友達も押し花をやっているのだ。
「明日、あるのよ」そう、昨日の翌日の今日、押し花教室に行ったはずだ。
その押し花の時間帯に私はスクールガードに出ていた。
寒いが小学生から元気を貰うために出た。
5年生は校外学習があったようだ。
ナップをしょって下校していた。
「どこへ行ったの?」
「産業記念館」「ああ名古屋まで行ったのね!」
「お土産を貰えた?」「うん」
寒くても教室での勉強より、校外勉強の方が楽しいだろう。

今日は嬉しいことがあった。
わかちゃんから久しぶりの絵手紙が来た。
彼女は働いているので忙しい身だ。
発見誌の1月号に私の絵手紙の「あれから」を投稿したのが載った。
彼女が読むのを期待して書いたden2.jpg

「私のことを書いてくださってありがとうございます」とあった。
絵手紙の絵は水仙2本。
まるで水仙の香りとわかちゃんのぬくもりが伝わってくるようだ。
母から娘へと繋がった絵手紙。
嬉しく思います。

「2通目の絵手紙 ありがとう」

フラワーショーで買った2鉢の蘭


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1107-31697a22
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード