FC2ブログ

Entries

遊ぶ

cyan.jpg
「カレーライスがいい」
昨夜、電話を掛けて来たあっくん。
孫のためなら何でも出来ると、爺が言う。
(無理しなくても、そのあたりへ食べに行けばいいのに)の私を尻目にカレーライス作り。
私は9時には雨が止んだので「公園園芸クラブ」に行った。
足かけ三日の雨で花壇にも水溜りができていた。
「これでは作業にならないわ」
参加者4人で雑談をして帰った。

午後、賑やかに息子一家が来た。
昼食にカレーライスを食べて、いざ出陣。
市民館でバドミントンをする。
ママは携帯でメールをしている。
冷たいのに床にどっかり腰を下ろして。
パパとあっ君がまず始めた。
ハイクリヤーの練習で、準備体操の次に必要なものだ。
パパが疲れたところで、婆と交代してあっ君と羽根を追う。
時々、みっちゃんも入って羽根を打つ。
なかなかうまくラケットに当たらない。
「みち、ラケットの持ち方が悪いんだぞ」パパがアドバイスする。
打ちやすいように、みっちゃんのラケットを狙って羽根を打つのだが、返球はない。
まっすぐ上に飛んだり、空振りだったり。
そのうちにあっ君が「点を取ってやろう」になった。
婆がカウントを取った。
パパとあっ君は五分五分になったり、とにかく接戦だった。
1ゲーム目はあっ君の負け。
あっ君はしょげた。つんつんしている。「ふん!」という顏だ。
そんなあっ君に構わず、みっちゃんとやった。
「もうワンセットやろうか?」
うずうずしているあっ君にパパが言う。
ふたりはシングルで真剣勝負した。
何せ歳の差は親子だ。
このゲームも接戦になった。
パパも子に花を持たせるわけにもいかず、追い込みでフルに動いた。
結果はあっ君の負け。
あっ君の眼から涙の粒がこぼれた。
パパの額は玉の汗。
鳴いたカラスのその涙が渇いて、婆があっ君に挑戦した。
次第に差が広がった。
あっ君は力を抜いて、やる気を無くした。
婆は着ぶくれと老体で動きづらい。
結果はあっ君の勝利だった。
「すごいねえ、あっ君は上達したわ」
「婆ちゃんはつまんないわ!一生懸命にやってないもん!」
「そんな事ないよ」
「婆ちゃんは歳だから動けないんだよ」パパが助けてくれる。
あっ君の涙を見たせいもあるが、今度は全力で対戦するからまたやろうね!と、私が言った。
あっ君もまあまあという顏になった。
涙を見せるほど悔しい想いをしてうまくなるのだ。
みっちゃんは学校で今やっているバスケットの玉が入らないと言って泣いた。
「外も雨だけど・・みっちゃんにも大雨が降っているねえ」
みっちゃんだって、今にす~っと玉があの輪の中に入るよ!
背の低いのはハンディにはならないよ!
婆は背が低くても、リレーの選手だったからね!
足の長い人を追い抜く時の快感を味わったからね!
人生何事にも挑戦すべし!

久しぶりの孫とのバドミントン対戦に疲れた。

「今日も楽しく ありがとう」
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1101-7b770a45
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード