FC2ブログ

Entries

やっと正月終わり

正月が過ぎた。
楽しみと不安がミックスされた12月だった。

しかし三が日はあっと言う間に過ぎた。
まるで急流に流されたみたい。

今日4日の午前中に次男は千葉の自宅へ戻った。
「ただいま!」と言って帰省して来た次男だった。
帰りには「行って来ます!」とは言わなかった。
高齢者になって心弱くなった私はいつも想う。
(これが最後かも知れない?)
そのおセンチもあっという間に過ぎる。
次にすることがあるという事はシアワセな事だ。
行動しているうちに無心になって寂しさは消えている。
「生きているということは苦しむこと。
苦しいという事は生きているということ。
何故苦しいのか、せっかくの苦しみの原因を探り、もっと前向きに苦しむこと。
あ~あ、私の根っこは腐っている。

賀状を出していない人からまた今日も賀状が届いた。
また絵手紙に龍を描いて4通投函する。

寒さで動かないと胃の調子が悪い。
午後3時過ぎにあちこちを歩いた。
公園のレモンの色づき具合を見に行った。
タンポポを探して葉っぱをウサギに持って行った。
緑の少ない季節で、うさちゃんはおいしそうにタンポポの葉を食べた。
小学校の裏道を歩いていたら、なんと消防自動車が2台も止まっている。
農道は水浸し。
どこから水は出ているの?
小学校の隣にある樹木リサイクル工場に消防士が数人居た。
ゴミの山に登って、何かをさぐっている。
不思議に思って、足を止め・・眺めていた。
責任者らしき消防士がやって来て、実は・・・と話した。
大晦日の頃からこの工場のゴミの山から煙が出ていて消したそうだ。
しかし完全に消えなくて、また煙が出ていると言う。
「時々見回りに来ています」
「あのう・・ゴミが発酵している湯気じゃあないのですか?」
私が子供の頃のこと。
父が牛糞を積んだ山からいつも湯気が立っていた。
それはいつも見慣れた光景だったので、煙とは識別出来た。
ひょっとしたら今の若い消防士は「煙」と「発酵する蒸気」と間違えているのでは?
ゴミが自然発火するという事もあり得るのか?
「また煙が出ていたら・・・消防署に電話して下さい」「はい」
なんとも早、消防署がすぐそこにあるので便利である。
年末からそこに在る長いホースはそのまま。
不気味で不思議なホースである。

寒いが歩くと身体が温まった。

「無事帰宅 ありがとう」lemon.jpg

スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1084-b37373f1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード