FC2ブログ

Entries

墓売り

バドミントンに出かけた。
自転車は駅前の駐輪場なので、歩いて市民館へ行った。
8名で2コートでゲームを楽しんだ。
「おっとっと」という場面もあるが、倒れない。
スポーツで鍛えた身体は少々のことにはへこたれない。
ただ思うように動けなくなったのが悔しい。
お互いにペアに「ごめんね」が多くなった。
仲間の中で最高齢になった私。
「止めてしまったら、動けなくなるわよ」
そう言われて、合点して・・若い人の脚を引っ張っている。

バドミントンの激しいスポーツのあと、和室を借りてそこでお喋りの花が咲く。
話題の豊富な彼女が語り始めた。
「今日ね、電話が鳴って何かと思ったら・・優しいゆったりした口調で"お墓は要りませんか?"
ですって!驚いたわ、お墓なんて考えてもいなかったので・・」
それを口火に話題は広がった。
「今、お墓の商売が結構はやっているようよ。
健康の森の近くにも"墓地"団地が出来たようだし。
一度見学に行ってみようかと思っているけど・・」
「電話が来たのは中学校の近くのローズ霊園からでは?」
それからそれから・・葬儀の話に至った。
家族葬、密葬・・
「葬儀会社の言うがままに相槌を打っていたら、費用はどんどん積み重なって
思わぬ高額を分捕られるわよ」
「自分の葬式代は確保しておかないといけないわね」
「子供達には迷惑をかけたくないし・・」
みんな大体同じ心情のようだ。
それから忘年会の話になった。
「屁」の話も出た。
上品な友達たちは「屁」を恥ずかしいものと思っている。
カイロ・・治療を受けつつ1時間も我慢をしたと言う。
それでまだ我慢が効くと安心したとか?
お口が疲れてきて午後2時にはお開きにした。
のんびり出来るひとときだ。

帰宅した途端、あれもこれもと忙しくなる。
自転車を駐輪場へ取りに行き、スーパーへ買い物に行って・・歩いて帰る。
買い物から帰って、洗濯ものを取り入れて畳み、箪笥へ入れる。
風呂掃除をまだしていなかったので、電気をつけてやる。
庭の菜園の大根の間引きをする。
さあそろそろ夕食の支度。

こんな風にして一日は過ぎていく。

「まだまだ動ける ありがとう」kamo3.jpg
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1043-cfc23f4c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード