FC2ブログ

Entries

まとめて・・4日

「木曜日のバドミントンはお休みですよ~。
ラケットを持ってここへ来ないでね!」

宮古諸島5島めぐりに出かけた。
27日の木曜日に出発。
午後の出発は、ゆっくりできてこんな日程もいいなと思った。
3時に中部国際空港を飛び立って、那覇で乗り換え、宮古島へ行った。
夜で、景色は見えない。
方角も分からない。
私の頭の磁石はまた反転し壊れたようだ。
3日間、西から陽が昇り東に沈んだ。
ふっとした拍子にまた反転していて正常になった。
(太陽があそこにあるのだから、こっちがこっちだよ)
なんぼ頭の中で言い聞かせても、あ~あ・・こんなのを方向音痴というのだろうか?
暗くなってホテルに到着して、午後8時からの食事はバイキング。
食後は全員14名ひとつ部屋に集合して、喋った。
「もう今夜はこれでお開きにしましょう」午後10時だった。

2日目
ホテルを8時に出発して東へ西へとバスは走った。
地元のベテランガイドさんが、上手に案内・説明をしてくれた。
太平洋と東シナ海の境界線あたりで白波が絶えなかった。
珍しい花の説明もしてくれた。
私のお気に入ったのはハーブの香りのする紫色の花だ。
種を持ち帰って匂い袋を作ろうと思って収穫した。
しかし小さな種はこぼれて帰宅したら数粒だけになっていた。
あちこちの展望台で見る海の色はなんとも言えない。
エメラルドグリーン・オーシャンブルー・・
海の深さとか海流によって色が変わるそうだ。
昼食を食べたレストランでは、泡盛のオンザロックを少々いただいた。
ほんとに少々なので味はわからなかった。
パンフにはバス走行距離約110キロメートルとあったので、さぞかし疲れるだろうと
覚悟していた。
しかし何度も途中下車しては、景観を楽しんだので疲れは感じなかった。
その夜は和食だった。
魚はおいしくないのか、刺身なんてなかった。
上品な器に上品に盛ってあって、早食いの人はおあずけを食らった犬のようだった。
生中はおいしかった。
その夜は、みんなでババ抜きをやった。
それは麻雀で会話が弾むより、婆さん14人のババ抜きはもっと楽しい。
午後10時にはお開きにした。

3日目。
快晴である。
もう帰らねばならない。もっと居たい。
みんなそんな想いだ。
発車までの時間がたっぷりあったのでビーチで波と戯れた。
素晴らしいビーチがあちこちにあるので、そのたびに裸足になった。
砂の感触がいい。
自然の力を貰って居るような感触だ。
砂を払って靴を履いて・・それをあちこちのビーチでやった。
最後の締めくくりは市場で地元産の野菜や買い足りない土産を買った。
宮古空港で3日間お世話になった添乗員さんにサヨナラした。
飛行機に1時間・・那覇から2時間20分。
午後9時20分に無事に中部国際空港に着陸。
「このパイロット下手だね」
何十回も飛行機を経験している友が言った。
私は緊張のし通しで合わせた手のひらに汗を握っていた。
「お疲れさん」「ありがとう」

帰宅したのは午後10時半だった。

お蔭様で70歳~61歳と年齢差のある人たちがひとつのスポーツを通して、いい仲間をつくった。
天気にも恵まれ、3日間の快晴。
「エーゲ海より美しい」と、行ったことのある人が言う。
それほど空と海の青さが心に焼きついた。
♪ざわわ~ざわわ~  さとうきび畑が延々と続いた。
ハイビスカスの赤が鮮やかだった。
暑いくらいの気温でありがたかった。
大きな墓地が沖縄独特の風習らしい。
何よりかにより上げ膳据え膳が最高だった。

「ありがとう みんな」

そして翌日30日
せめてもと午前中の晴れを期待して洗濯をどっさりした。
ところがなんと雨が降り出した!
全然降りやまず。
買い物にも出ず。
残っている風邪薬をせっせと飲んでいる。
遊んでいる間は風邪を忘れていた。
現実に戻ったら、また風邪が芽を出した。
しょうがないなあ。
喉の痛みと痰と鼻水。
もうくしゃくしゃの顔。

「ティッシュさん ありがとう」

yuuhi16.jpg





スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1018-c2d6bd40
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード