FC2ブログ

Entries

心配事

無くならないどころか、ますます増えて来る。
自分の事で精いっぱいなのに、人の心配もする。
せざるを得ない。

今日は天気がいいので「ふとん干し」をしていた。
昨夜から使い始めた大布団。
古い布団で、綿が固まっているようだ。
昨夜は重くて、熟睡できなかった。
今日は快晴らしいので、日光に当てた。
少しは水分が飛んで、軽くなっただろうか?
もう古くなった布団は、ゴミとしてだそうか?
電話が鳴る。
「今ね、布団を干していたの・・」
同級会で世話役をやった人から何の音沙汰もない。
「お疲れ様でした、参加出来なくて申し訳ありませんでした」
そう書いた便りを出したのに、ナシのツブテ。
「同級会が終わったら、検査が待っている」と、ぼやいていたらしい。
田舎の同級生は、メールを出したら「検査の結果は17日に出るらしい」との電話
があった。
私は便り一本のみで、電話もせず様子を伺っていた。
田舎の彼女は気がかりになってショウがなかったようだ。
そのことについて、2度も電話がかかって来た。
「私は何もせずに朗報を待っているから」と伝えた。
そして数時間後、お昼の郵便配達が来た。
便りが来た!
夫婦連名になっている。
ハガキの表は奥さんの字と文。「絵手紙ありがとう」だった。
裏は同級生の見慣れた特徴のある文字。
元気な便りだ。
「来年は、土居のおまつりに顔を出せたら、と思っております。
健康に気をつけて頑張りましょう」
無理をしているのだろうが、検査のケの字もない。
来年のおまつりに行きましょうとの誘いの意味もある。
彼は来年を見ている。
夫婦ふたりの文字と筆跡に安心しているが、結果はまだ。
やだねえ、歳を重ねるとこういう事が多くなる。

午前中「のんびり村」の「ちゃら」で今年最後のお抹茶を頂いた。
「おいしいお茶を ありがとう」
お抹茶の先生もそれなりだ。
手を引かれて、歩いて行かれた。
「来年もよろしくお願いします」

「少し あたたか 助かる ありがとう」
raki1.jpg
スポンサーサイト

寒かった

地球温暖化と言われているのに、この寒さは何だ!
今日も寒かった。
昨日よりはマシだったが。
せめて暖かい衣類をと思って、出かけた。
まずワンの美容室。
以前は入口にお洒落な洋服があった。
あ~これで安心だ。ここにくればいつでも買える。
ところが今日は皆無だった。
「注文があれば、取り寄せています」とのこと。
もうしばらくラッキーに我慢して貰おう。
そして人間様の衣料品店へ行く。
あっちもこっちも見て、大きな袋いっぱい買い占める。
半纏、靴下、上履き・・。
大きな袋を持って歩く。
カイロも欲しかったが、これ以上重い物を持っては歩けない。
それよりこの寒さで、足腰が微妙に痛い。
年寄りの冷や水にならないように、無理はすまい。
「寒 寒 かん 寒い ありがとう」kiiro4.jpg

生きた心地

今朝は最低の気温だった。
愛知でも地域によって、マイナス気温の箇所が多かった。
なんと寒い朝だったろう。
動きたくない。
カイロを背中に貼った。
これで助かった。
一日、背中が暖かいだけで救われた。
心の臓がどうにかなりそうな、冷えだった。(おおげさ)
一段落したところで、電話が鳴った。
「これ何よ! この寒さ。いくらどうしても暖かくならない」
悲鳴に似たような声が、飛び込んできた。
名前を名乗らなくても、同級生の声はすぐわかる。
田舎も寒いらしい。
列島はすっぽり真冬。
これから記録が更新されていくのだろう。
今日はしみじみ思った。
年寄りにはカイロが必要だ。
何がなくてもあっても「まずカイロ」だ。
従姉妹が言っていた。
「あまりにも寒いので、よっこ姉よりお先にカイロを使いました。
背中に貼ったら、背中にストーブをしょっているようで・・」
従姉妹は暑がりで「暑い・暑い」が、口癖なんだけどな。
この寒さはどうしようもなく、自分で自分を守る「カイロ」がいいだろう。
「冬眠」もいいが、まだ現役なので無理だ。
夜になって、やっと生きた心地がしている。
エアコン、電気ストーブ、電気カーペット・・フル活動だ。
明日はどっさりカイロを購入しよう!

プランターに蒔いた「ツタンカーメンのえんどう」が伸び始めた。
添え木を立てて、ネットで次の段階の支度をした。
来年もツタンカーメンが、元気で育ちますように。
次の年に繋ぐ、種の収穫もしなければ。

寒いと、人に出会えない。
出会えるのは池の鴨と、すずめくらいかな?
「なんだかんだと 寒かった ありがとう」risu9.jpg

やっぱり寒い

寒さのせいか、パソコンの機嫌が悪い。
いつもと同じことをやっているのに・・・動かない。
私のぼけ防止役目を果たしてくれているのに。
夜が長いと思わないのは、パソコンのお蔭だ。
日々の日常を書き連ねている。
得にも役にも立たないぼやきだ。
ただ書き続けて、来年2月で満10年になる。
私の歴史?が刻まれている。

月曜日の今日も寒かった~。
久しぶりに同級生に手紙を出した。
いつも彼女からは乙女チックな封筒の中から、可愛い絵柄の便箋が出て来る。
おい、もう77歳だぞ。
彼女は若さを強調するために、気を使っているのだろうか?
そこで私も発奮した。
100円ショップで、素敵なピンクの封筒と便箋を買った。
今日は気合を入れて、4枚の便箋に書いた。
郵便局で、はかりに乗せたら「これでいいですよ」だった。
82円、切手を貼ってあった。
「ああ、便箋4枚までは82円でいいのですね!」
その足でスーパーへ向かった。

買い物通りの両サイド歩道の街路樹がなくなった。
大きくなり過ぎて、行き場のない太い根っこが地面に出て危険だから。
秋になれば綺麗な色に色づいていた「ナンキンハゼ」はもう無い。
夏には木陰になってくれて、有難かったのになあ。
時代の流れは、世の中の流れに沿って・・便利になっていく。
しかし失うものも多い。

夕方のラッキーとの散歩は、ほっとするひととき。
しかしいつも「もらいもの」をしているおじさんに何時までも吠え続ける。
「おかしいなあ、私の匂いを覚えてくれないのかなあ」と、首をかしげる。
小学校の「黒べえ」に会いに行っても・・・まだ止まない。
「黒べえ」はフェンスから離れて、遠くへ行った。
小学校の職員室では、職員会議をやっているはず。
「これ、学校でそんなに吠えたらいかん! 先生がびっくりするぞ!」
ラッキーの癇癪に火が付いたら、なかなか消えない。
困った愛犬だ。

今日も寒かったので「クリームシチュー」にした。
ラッキーもおこぼれに預かった。
「ひとつずつ やっていく ありがとう」  夕方の雲siku3.jpg



助け合い

たすけあい運動が始まった。
困っている人が多い「HEIP」
しかしなんという贅沢をしているの?と思う人も多い。

日曜日の朝、起きづらい。
(ひょっとしたら、雪が降るかも?)
雪こそ降らなかったが、冷たい風が吹いていた。
ぼつぼつ庭掃除をしている。
繁りすぎた木の枝を切って、風通しをよくする。
大きく育った「ゴムの木」が震えている。
枝切りをして、屋内に入れる。
「かねの成る木」も、まだ必要だ。
今夏の暑さで、すごく繁ったかねの成る木はまだ頼りにしている。
これが午前中の大仕事だった。
買い物には自転車で走って、午後は絵手紙描く。
「めんどくさい」の発言が多くなった。
何もしなくなったら、生きている意味がない。
明日から12月も中旬になる。
早いものだ。
早い!早い! とても追いつけぬ。
夜になってクロスワードパズルと、漢字の間違いさがしをやった。
ああ、続けてやっていなかったので、大分衰えた。
失うものが多い。
失くしたものを追っかけても、思い出しと仮想現実の中で生きるのみ。
昨夜、田舎の従姉妹と電話した。
従姉妹は足の手術をして、歩けるようになっていた。
ところが、急いだはずみに水栓のホースに躓いて転んだ。
そして痛かった足をまたひねったらしい。
数え歳90歳だが、頭はしっかりしている。
「よっこ、覚えて居ないかなあ?」
亡くなって17年になる伯母の連れ合いの兄弟のこと。
とてもそんなに昔のことは覚えて居ない。
昔のことならず、最近のことも怪しくなった。
みんな老いていく。
みんなそれなりになって行く。
「さむかったー やだねー ありがとう」risu8.jpg

リース

寒い、寒いとぼやいていても何も始まらない。
ますます身も心も硬くなってしまう。
どしようもない、動くことにした。
午後の太陽の暖かい時間を見計らって、近くの雑木林に行く。
花ばさみを持って。
ツルウメモドキはいつも毎年そこで、茂って実をつける。
そこを目指して、胸を張る。
あるある・・・いっぱいの赤い実。
これが鳥に見つけられると、一瞬のうちになくなってしまう。
鳥より先に失敬します。
いくらでもあるウメモドキ、いい枝振りを選んでちょっきんする。
今日の目的は、プレゼント用。
自宅用はもう作って、玄関ドアにぶら下げてある。
いつもなら昼寝の時間。
その時間帯の労働?は、しんどい。
いつもなら眠っている身体にムチ打つ。
少し大きめに作って、月桂樹の緑を添えた。
それを持って、市民館へ行く。
事務所のドアをノックしたが留守だった。
市民館のフロアのあちこちにクリスマスの飾りものがある。
リースも何個か飾ってある。
まあ、いいか! 自然の中にあるもので作ったものだ。
そして午後3時、ラッキーとの散歩。
「寒いねえ」「寒いねえ」の連発だった。
あちこちキョロキョロ紅葉を見ていたら、柴犬に正面衝突しそうだった。
「しまった! 気が付かなかったわ」
柴犬はお利口でワンとも言わず、それに反してラッキーは吠え続けた。
すれ違ってもまだ振り向いて、吠え続けていた。
あの柴犬はきっと血統書付きだろう。
上品な顔立ち、仕草は高貴な生まれ・育ちを想像できた。
犬の綱を持つ人も、上品なジェントルマンだった。
私の急な出来事に慌てふためいている様子を、にこやかに見つめていた。
「前を向いて歩かなくて、すみません」
「今日も 寒かった 低温疲労risu5.jpg
 ありがとう」

冬が来た

昨日までは朝夕は寒くても、日中は穏やかだった。
午後はポカポカ陽気の太陽の中で、気持ちよかった。
このまま春になるといいな、と思っていた。
ところが、そうは問屋が卸さなかった。

買い物でシクラメンを買った。
もう少し、もう少しと値段がさがるのを待っていた。
しかし一向に下がらず、定価はそのままだった。
車で遠くへ行けば、もっといい花を安く買えるだろう。
しかし一番ちかくで買うのだから、足代は要らず、持ち運びが出来る。
布施明の「シクラメンのかほり」の歌が流行ったのは、もう半世紀も昔になる。
それを思い出しながら、玄関に置いてある。
「赤いシクラメン」は、玄関を明るく暖かくしてくれている。

午後、卓球に行った。
ふるさとの新城の柿を紙袋いっぱい持って来た人がいる。
「おひとり一個、お持ち帰りください」の貼り紙をしてある。
ふるさとの実家には、もう誰も住まっていないらしい。
80歳にもなって、よくぞまあこんなに収穫したものだと感心した。
「柿の木は折れやすいから気を付けろ!」子供の頃によく言われた。
おいしい柿をありがとう。
早速、夕食のサラダに入れた。
「新城の柿」と言ったのに「信州の・・」と、連れ合いは聞こえたらしい。
眼は近く、耳は遠くなった。
これも自然のなりゆき。
夜になって木枯らしが吹いている。
強風に煽られて、何かがころころ転がっている。
そうだ、ブロック塀の上のプランター植えの花は、大丈夫か?
冬が来た。
「元気で 冬を越そうね ありがとう」ityo5.jpg



足腰

声をかけられた。
「よっこさんじゃあない?」
彼女の歩き方は、普通ではない。
「いいわねえ、何をするのにも足・腰が悪いと出来ないのよ」
私の足は元気だ。
孫が言う。
「婆ちゃんの足はどこまでも歩ける!」「そうだよ」
自慢じゃないが確かに足取りは軽い。
どこまでも歩ける気がする。

100円ショップで、毛糸を探す。
探すほど、いい物ではない。
どーせ、ひとたま108円也だ。
友達のようにうまくは編めないが、帽子を編んでみようか「スイッチ」がはいった。
まいど同じ毛糸の帽子をかむって出かけている。新しいのを作ろう!
一応、同じ色を3玉買った。
(この帽子編みあがったら、まずどこへ初使用しようか?)
ぼ~っとしてたらいかんぜよ。
不器用な私には手先の趣味は合わない。
せいぜいかぎ針編くらいだ。
スーパーで買い物して、ついでにドッグフードも買った。
かなり重い。
軽かった足が次第に重くなって、前に進んでいるのかどうか?
帰り道でスーパーでアルバイトしている人に会った。
「あなた、歩き方が軽やかになっわね」
彼女は喜んで「聞いて!聞いて!」と、話した。
テレビで見て、それを実行しているとのこと。
「こうしてね。足の前に後ろ足を置いて歩いているうちに、こうなったのよ。
まだ練習中だけど・・」
少しびっこを引いて、足の運び方も自然ではなかった。
知って、訓練次第でこんなにも軽やかになるのかと、感心した。
寄り道・お喋りをしたので、帰宅したら12時半を回っていた。
午後には本格的な雨になるでしょう予報が、夕方から降り始めた。
ラッキーとの散歩で、少し濡れた。
プランターの位置を移動した。
元気な花は、よく見えるところに置く。チューリップの頭が見える。
「まだ、ちと早いよ」土を被せる。
なんとなく今日も暮れた。
「湿っぽい 濡れ落ち葉 ありがとう」ityo1.jpg





そだねー

三日分の洗濯ものが気持ちよく乾いた。
さすがに太陽と程よい風は有難い。
それに今日も暖かだった。
「天気がいいので、カーテンを洗ったわ」と言う人が多い。
暖かい年末でたすかる。
「えらいわねえ」と、その体力を賞賛する。
しかし真似ようとは思わない。
手編みの帽子をかむっている友達に言う。
「自分で編んだの?素敵!」
「あなたも編んだら?」
それはしんどい。
肩こり症が、弱いところに出る。
肩こり・頭痛は女の持病。

今日はリンゴが一個100円だった。
小ぶりだったが3個買った。
「やる気スイッチ」が入ったらしい。
どうせ暇だから、りんごジャムでもつくってみるか!
調理台の上に3個のリンゴはいつまでもあった。
午後は午後で、お昼寝の時間も必要だ。
眼がさめたら、ラッキーとの散歩が待っている。
散歩の時に少し遠出して、リースを作るつもりで花ばさみを持参した。
いつもある雑木林に歩を踏み込んだが・・
蔓性の植物やサネ蔓の赤い実がひとつも無い。
こんなはずは無い。
多分、今夏の暑さに負けて成長できなかったのだ。と思う。
仕方なく帰り道にあるみかん畑に、歩を踏み入れる。
あるある、今年は豊作だ!
ツルウメモドキが殻を破って赤い。
そのうちに鳥が見つけて、仲間に教えたらあっと言う間になくなるだろう。
そう思いながら、なんとかリースを作って、玄関ドアに吊るす。
そのうちに鳥がやって来る。
コツコツ玄関ドアをクチバシでノックして、食べ果てるだろう。
今年もリースを作れた。
夕食も終わって、自由時間。
パソコンの前に座った。
「これは何だ?」
そうそう、リンゴを刻んで鍋に入れたままだった。
すっかり忘れていた。
アクが出たリンゴに砂糖を加えて、火をつけた。
強火で鍋をかき回して、間もなく出来あがった。
りんごジャム、透明のあめ色のいい香り。
今日の仕事に終止符を打つ。
「時間がある やらないだけ ありがとう」  ハゼの葉赤いityo3.jpg




曇のち雨

湿っぽい一日だった。
夕方になって本格的な雨になった。
午後6時「西安」で。
なんとなく軽い返事のはずが、重くなった。
「寒さ」や「雨」や「夜」に弱い。
幸いに今夜は異常なほどに・・・暖かい。
「何か異常が起きる前触れかも?」
傘をさして中華料理店へ行く。
何人集まるのかも知らず、行く。
先客は言いだしっぺのNさん。
男性ひとりに女性3人。
それにしても飲めなくなった。
食べられなくなった。
いくらおいしそうな料理を目の前に並べられても・・・無理、無理。
話は弾んで子供の頃の話から、50数年前に飛んで、現在の話に及ぶ。
随分生きてきたなあ!
先が見えないから、生きていけるのだろう!
しかしつくづく、年齢を感じた。
夜は暗くて、足元が危ない。
食べたものが腹につかえて苦しい。
「食べたり飲んだり、喋ったりも疲れるわね!」
「もうこれが最後のおつきあいだわ!」
帰る方向が同じ者同士の、つぶやき・ため息だ。
呑兵衛さんはもっと飲んでいたかったらしいが。
私が「時間だよ」と、立ち上がった。
もうあれ以上飲まない・飲まさない方がよかったろう。
後期高齢者は無理をしない方がいい。
雨の中、さっさっと帰った。
「おやすみなさい ありがとう」kamo2.jpg


曇時々小雨

ひとつぶ、ふたつぶ・・数えられるほどの雨粒がおでこに当たる。
ま、いっか! 傘持たなくても。
そして買い物に行った。
やっぱり毎日やっていることは、省略したくない。
歩数を延ばすつもりはないが、歩くことも大切。
無人販売へ行ったら「吊るし用しぶがき」と、書いて、柿を売っていた。
大きくはない。
これを買って、皮をむいで、吊るしていたら・・もっともっと小さくなるだろう。
ひょっとしたら、種ばかりかも?
手が出なかった。

先日、初めてのラフランスを買った。(洋ナシ)
お供えをして、描いてから食べようと思っているが・・なかなか描けない。
思うように身体が動かなくなった。
こんなものだろうとは、覚悟しているが、情けない。

雨模様のいちにちで、じっとしていたら寒い。
ホットカーペットを点けたら、ラッキーは長々と寝そべっている。
羨ましいほど、よく寝る。
これだけよく寝て、よく食べたら・・元気で当たり前だ。
もうすぐ11歳(我が家に来て、6年)になる。
「あと10年は生きるだろうなあ、お父さんはあと10年も生きれんぞ」
ペット゛早く亡くなったら寂しいだろなあ!
人間様は勝手なことを言って、勝手な想像を膨らませて、困ったものだ。
動物は自然体で生きている。
人間も動物なんだけどね!
夕方の田舎道を歩く。
この散歩道にもある「無人販売」に、寄った。
大きな柿が2個、袋に入って100円。
思わず、とびついた。
馬鹿だなあ!
あれもこれもと、買い込んでも食べられなくなったのにね!
「雨粒 ひとつ・ふたつ ありがとう」kamo3.jpg



暖かい日曜日

予報通り、今日は暖かだった。
大掃除するには好適日だったかも?
日常の雑事だけで、精いっぱいの私はやらない。やらなくても正月は来る。
やった、やらないは自分の気持ちを納得させるだけ?

今日は「おたつみ」の日らしい。
おたつみは、その歳に亡くなった人のお正月らしい。
詳しいこと何も知らないので、検索した。
その古い行事もところによってやるらしい。
昨夜、田舎に電話したら「はい、もうお餅も頼んであります」
甥の嫁がはきはき言って居た。
今日は「おたつみ」なんだと、暇になると思い出して・・・姿勢を正した。
(行けなくてごめん)の気持ちが重い。
古いしきたりも知らず、都会ではやらず・・亡くなった人には随分ご無礼をしている。
しょうがない。
午後はボンジョルノの会に参加した。
昨日「明日、行こうね!」と軽い約束をしていた人を誘った。
「やっぱり足腰が痛いので、やめとくわ」
ちゃんと化粧して、ピンクの素敵なセーターを着ていたので、行く準備
出来ているな、と思ったが。足・腰が痛むと、どこへも行けなくなる。
歳を重ねるという事は、失うものが多くなるという事だ。
ボンジョルノでは、大勢の人が談笑していた。
25名以上の人で、賑わっていた。
あちこちに輪が出来て、何の話で盛り上がったのか・・笑っていた。
最年長のHさんは、頼もしい。
小学生とも関わっている。
朝・夕の小学生の登下校の時、見守りをしている。
学校の菜園の草とりをして、耕して肥料まで入れている。
そして近々、小学3年生に「戦中・戦後」の話をするらしい。
「小学生と関わっていると、若いエネルギーを貰えるでしょ?」と、言う。
私より10歳近く年上だが、その元気たるやとても見上げたものだ。
午後3時半。
「犬が待っているので、お先に失礼します」と、
私が立ち上がった。
「今日は楽しかったわ!よく笑ったわ!」
そんな会話をしながら、みんな一緒に帰った。
帰宅したら、家の中は空っぽで、ラッキーは散歩に行って留守だった。
そんなこんなで陽が暮れた。
「お世話になります ありがとう」zera3.jpg



12月

今日から12月に入った。
「この土・日が大掃除に最適の日和でしょう」
天気予報のお兄さんが言っていた。
「月末になると、寒くなります。明日は気温も高くて・・」
早いなあ!
大掃除のシーズンか。
ここ数年、大掃除とは無縁である。
老体にムチ打って、ちっともいい結果にならない。
それで今年も見送ることにした。

日常の茶飯事をやるのも億劫になった。
「飯炊き婆さん、いつまでやるの?」
何もやらなくなったら、認知症へ直行だ。
向かいのお家の裏口の電気が点けっぱなし。
今朝は明るかったし、何故点けたのだろう?
もう灯油ストーブを使っていないので、裏口を開けることもないだろうに。
洗濯物を干し始めたが、気になるので「ひとこえ」掛けに行った。
「しばらくぶりだね!」
彼女は腰を痛めて、今散歩はお休みしている。
「明日ボンジョルノがあるので、一緒に行かない?」
ご主人に振り返って「ううん」曖昧な返事だった。
こんな時は、曖昧に流すのがよかろう。

一段落して休憩して「おついたち」の氏神参りに行った。
高い位置にある境内から街を見渡すと、ぼ~っと霞んでいる。
暖かいから景色も霞んだのだろう。
あと一ヶ月で来年が来る。
「日中は zera6.jpg
暖かい陽射し ありがとう」

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード