FC2ブログ

Entries

冷たい風

師走大晦日。
一日中、寒風がふき荒れた。
ちゃんと干した洗濯物は強風に煽られて、すみっこに偏って乾いた。
なんとか掃除はしたものの大掃除という訳にはいかなかった。
(ま、来年にしよう!)それがいい。
気ぜわしく遣り慣れない事をやって、正月に寝込んだら困る。
ふたりの息子一家が来る予定。
しかし明日は寒波で雪が降るかも?
ついさっき義兄から電話があったが「屋根が白くなっている」とのこと。
やはりここは暖かいのだ、風は強いが雪は降らず。

横になる暇もなく、あれこれやった。
紅白歌合戦をこれから見る。
見るのも疲れるので、あまり見ないが・・。
夕刻になってデジカメで写真を撮った。
気が付かなかったが、昨日か今日「ロウバイが開花したようだ。
みかんを木に挿して置いたら、メジロがのだusa8.jpg
が、なかなかそれを撮る暇がない。
気が急いている時は動くものは駄目だ。

川柳を投稿しておいたら、今日届いた会誌に我が名が載っている。
「優秀」作品に選ばれていた。来年は「最優秀」を狙うぞ!

今年最後の散歩で「ジョン君」に会った。
「お婆ちゃんが居るので餅つきをするのよ、
搗き上がったお餅をジョンにやったらおいしそうに食べて・・・いくらでも食べるのよ」
「うちの亡くなったゆうは餅は苦手だったわ。餅が歯にくっ付いて、食べるのに苦労していたわ・・」寒い寒い夕方の散歩だった。
しかし歩けば、夕食がおいしく食べられることを知っている。

「よいお年をお迎え下さい」アナウンサーの声が明るい。
来年も明るい一年でありますように。
スポンサーサイト

あとふつか

あとふつか寝るとお正月。
早く来い来いとは言わないが・・来る。
はっきりしないお空なので洗濯はお休み。
気になっていた事にとりかかる。
「湯たんぽ」入れの袋が擦り切れてきた。
もう何年、世話になっているだろう?
足が冷たいと足元に置き、全身が寒いと抱える。
そして最近は膝の裏に置くようになった。
こうすれば、尻もぬくたい。
使わないバスタオルを湯たんぽサイズに切って、ミシンを踏む。
何だ!昨日買ったミシン針は百均で買ったと思っていた針と同じじゃないか!
思い込みはこわいものだ。よくよく見たら、同じ会社の同じ値段の同じお店・・・。
それでも何度も折れたのは、私の使い方が悪かったようだ。
今日も掃除で年末なので雑巾がけをした。
廊下の隅で光るものがある。
よく見たら、ミシン針の先だ。ツマヨウジで、取り出した。
「湯たんぽ」袋は完成したが、朝の早い時間だったので足腰が冷えた。
私のミシンは40数年前の古代物なので、足踏みしないと動かない。

午前中に正月の買い物に行った。
スーパーは物凄い人でごった返していた。
「あの山は何?」店内に山と積まれた蟹が威勢良く売られていた。
雑踏は嫌いな私は早々にスーパーを退散した。
道もどこも車と人で溢れている。
午後は歩いて小物を買いに行った。
今度は百均でミシン糸を2個買った。
雑巾と簡単な物をたまに縫うだけなので、数年あるだろう。

夕方隣から大根を貰った。
うちの庭でも育っているが、手首ほどの太さでもうこれ以上は太れないだろうから。
ひとり者になった中年貴族さんは言う。
「こうして畑で作物を作るのが楽しい。作った作物を友達が貰ってくれるのでもっと嬉しい」
会社人間はどこかでストレスを発散させten15.jpg
ないと、イキイキできないだろう。
ありがとう、正月用に使わせて貰います。

買い物

年末の買い物は毎年決まっている。
「おせち料理」は作らないので、至極助かる。
手荒れがひどくて、冬を越せるか心配だ。
ひび割れが出来たら、水が沁みて心の臓まで痛い。
正月用の庭掃除は、まあまあ花を植えて来客を迎えられるほどになった。
午前中におっとどっこいさんと、車で買い物に行った。
ホームセンターで買い物して、げんきの郷で野菜類を買った。
午後になっても客は途絶えることがなかった。

大根のサワー漬けをして、かぶらのキューちゃん漬けをし、先日2度漬けをした
白菜の味見をする。うんおいしい。

近くの店へ「こんちくしょう」の勢いで歩いて行った。
「ミシン針を下さい」「何号がいいでしょうか?」「殆どは雑巾縫い用ですが・・」
「それでは普通の11号針でいいでしょう」と、買ったミシン針は5本で315円だった。
百均のミシン針は5本で105円だから、3倍の値段だ。
それでも折れたら不吉な予感に襲われたり、また針穴に糸を通すのが大変だし・・
これでいいのだ。

買い物ついでに大きなゴミ袋を持って歩いていた。
スーパーで会った友達が言う。
「よっこさん、大きな何をぶら下げているの?」
その袋の中身はトレイだ。
貯まったトレイがほぼゴミ袋に一杯になっていた。
ここのスーパーではトレイとペットボトルを回収している。
「もう今年も終わりだから、今年のことは今年のうちに片付けておきたいから・・」
「感心だね、私なんか年末とて片付けなんてしないわ。何もしないの・・」
それがいいかも知れない。
疲れ果ててイライラしながら片付けをするのは疲れを溜めるばかりだ。

帰宅して小学校のうさぎに会いに行った。
私の癒しの時間だ。usa1.jpg

もう御用納めになったのか、当直の先生だけが居るようだ。
2階の職員室の明かりが点いていた。
うさぎは何度数えても数が減っている。
もう寿命だったのか?元気が無いのが居た。
向こうの森をじっと見ていたが「ノスリ」も「アオサギ」も居なかった。
鳩の群れが次第に膨らんで、ネグラへ帰るようだ。

あとふつか。

降ったり照ったり冷えたり

猫の目のようによく変わるお空だった。
晴れて来たので、カーテンを洗ったが、買い物の途中雨になった。
どこのお家でも洗濯物が干してあって、小雨に濡れていた。
私も濡れながら、歩いた。
師走の雨は冷たい。
師走雨 心まで冷えて 梅酒飲む
帰宅したら雨は小降りになっていたが、カーテンはそのままだった。
そして午後は晴れてきて風も出たので、乾いた。
レースのカーテンが洗濯中に破れた。
縫い糸が切れて、ほつれたと言う方が正しいか。
夕方になってミシンを踏んで繕った。
薄い生地なのにミシン針が、折れた。
百均のものはよくない。高くても百均は避けたがいい。
なんといっても腹が立つのは、針穴に糸が通らないことだ。
その上、折れた針の先が見つからない。
いくら探しても、どこからも出て来ない。
「刺さって・・出てくるだろう」それも仕方ないと諦めた。
ところが暗くなって、電気をつけたら見つかった。「ピカッ」と光ったので見つかった。
こんな時、針のことが気になって針が刺さったらどうしよう・・と、そればかりに気が行って、
次ぎの行動が出来なくなったら、苦しいだろうと思う。
私は苦しんだお陰で諦め上手になった。
なんとかカーテンの繕いも出来て、カーテンレールに吊るす。
今回の洗濯には漂白剤を入れたので、真っ白。
針の心配もなくなって、今夜は枕を高くして寝られるだろう。
来年の干支の「とら」を数枚描いた。
一応、書けたten7.jpg
賀状を投函した。

嘘のように暖かい

そんな言い方を私はする。
暖かいという事は私にとってありがたいこと。

午前中は美容院へ行った。
正月用の頭になった。
私は家に居ても、帽子なしでは頭が寒いので被っている。
「折角綺麗に仕上げたのだから、帽子はご法度だよ」そう言われたが・・。

午後には着込んで帽子をかむって買い物に走った。
げんきの郷に自転車を置いて、健康の森を歩いた。
「いきものの谷」?は普段歩く人は少ない。
そこへ踏み込んだ。
最近はそこに人の手が入っていて、綺麗になりつつある。
茂りすぎた竹を切って、ベンチにしたり階段になったり、自然のものを大いに利用している。
東屋の近くには小さな池があって、赤いべべ着た金魚が群れて泳いでいる。
「金魚をとらないでください」の立て札がある。
突然大きな翼が舞い上がった。アオサギだ。
こんなに近くで見たのは初めてだ。
きっとアオサギは昼寝でもしていたのだろう、それともぼけ~っとしていた?
アオサギは大きな鳴き声で何度も鳴いて飛んで行った。
「あおちゃ~ん、あおちゃ~ん」と、呼んだらそれに応えるように鳴いた。
いつも人間との一定の距離を保っているのだが、安全地帯に私がそっと踏み込んだので驚いたのだろう。
大きく羽ばたいて、向こうのフェンスに止った。
遠目で見ながら近づいて、カメラを準備して頭を上げたら・・もうそこに居なかった。
ウォーキングをしていた人が私に頭を下げて過ぎた。
きっと私の間抜けが可笑しかったのだろう。

健康の森を一周して、げんきの郷へ行った。
午後も3時近くというのに、げんきの郷は買い物客で賑わっていた。
「サンハウス」に正月用の生け花がある。
「順路に従ってください」の札があって、一方通行になっていた。
正月用の花は少し高い。
私は安くて長持ちのする菊を沢山買った。
〆て950円也。
帰宅して水盤と壷と仏壇と神棚に飾る。
幸いに今年は千両が生っているし、南天の実もまだ残っている。
それを活用して、我流で活けた。
あとは「早くこいこい お正月」か!
いやまだ年内のやり残しがある。
夜になって賀状書きを始めたが、日中の活動が災いして20数枚で疲れて止めた。

昼間に自作で陶器の干支の虎を持って来た人がいる。
「これを読んでおいて・・」と沢山の書類を置いて行った。
これでは何日かかっても読み通せそうにない。
バタ付くニワトリはアオサギのように「ゆうゆうと」空を飛べない。ten6.jpg

押し迫る

あ~あ、全然ときめかない。ただ疲れが貯まるだけ。
押し迫る人も居ず、押し迫るのは歳の瀬のみ。

今日もバタバタした。
今年最後の「レモン園芸クラブ」に行く。
毎週土曜日の朝9時からの作業もよく続く。
草や木を刈り込んだ枝葉を燃やすことは出来なくなった。(市の条例によって・・)mou7.jpg

一年貯まったゴミ?は山のように高くなった。
そこで考え出したのは、ゴミを堆肥にすること。
「飼い葉きり」で細かく刻んで、大きな箱に入れて寝かす。
こうして肥料として利用し、環境に優しい生活を心がける。
今日もその「飼い葉きり」でハーブ類を切っている人は汗だくでやっていた。
師走というのに暖かい朝だった。
私は浄化場で作った肥料をやったり、草取りをした。
薬草ということで育てた「ヤーコン」を一部収穫した。
これを教えられたとおり、きんぴらにしてすり胡麻をかけて食べたら、しゃきしゃきした食感で美味しかった。
1時間半の作業を終えて「いいお年を・・」で、仕事じまいした。

そのあと孫守をした。
なかなかの腕白というか、ワガママというか・・手に負えない孫だ。
元気が何より、そのうちに変わるだろうと楽観している。
全ては「運動観」によって、変わる・変われるものだと信じている。

帰宅して買い物に歩き、足りないウォーキング分を足した。

夜になってやっと「虎年」の絵手紙を描き始める。
最近は筆マメではなくなったので、随分後退した。
下手絵を親しい人なら受け取ってくれるだろう?

クリスマス

まるで春のような暖かさ。風が無いのでありがたい。
自転車で走っても、寒さを感じない。
4週間振りの医院通い。
詠子先生は、はきはきした女医だ。
「女は更年期を境にどう生きるか?
育児は終わったし、これからが自分の人生。
働かざるを得ない人はリストラで大変だろうけど、これからはゆったり生きたらいい。
お金よりもっと大切なものを見つけられたらいいのにね。
社会と係わり合いながら、自分を生かせるボランティアはいいですよ!」
私のボランティアも長くなって胸を張って「やっています」と、言えるようになった。
忙しいが「ほっとできる」ゆとりのひとときがある。
「ありがとう」が行き交い、こんな自分でも役立っているんだな・・と実感する。
医院からの帰りにスーパーへ足を延ばして、買い物する。
ほうれん草が100円と安かった。
一束買おうと売り場で先客が立ち去るのを待っていた。
私は人を押しのけてまで、手を伸ばせない。
先客はなかなか去らないので、ほうれん草がビニール袋に入っていたので一束持った。
袋入りが3~4袋はあった。
「それ、私のです!取らないで!」
中年の叔母さんに怒鳴られた。
このスーパーでは「袋詰め放題」を時々やっている。
そこには既に袋に詰めたものも置いてあるときがある。
それを思い出して、手を出したのだが・・気分が悪かった。
「すみません」と言いながら、心では反発していた。
「もっと他に言いようがあるだろ?何袋も買って、人を待たせて置きながら・・」
帰り道でもずっとその気分の悪さが続いた。

午後3時からボランティアがあった。
今年最後のボランティアだ。
それも初めての「塾」という所である。
興味を持って行った。
この不景気な時に「塾」が子供達のためにサービスするの?
マンションの5階の一室に公文塾はあった。
2LDKの部屋には子供達がいっぱい。
どうも「書写」塾らしい。墨汁がたくさん隅に並べてあった。絵が飾ってあった。
幼稚園児から中学年生が20人ほど居た。
マジックから始まって、子供達は眼を皿にしてマジックの種を探す。
それが昂じて、ついにはマジックの品物を覗き込んだり、触ったりし始めた。
Sさんは怒りもせずに、うまく子供の興味をはぐらかしていた。さすがに大人だ。
その後ろでハーモニカを吹いた。約1時間。
途中で机の上に紙皿と紙コップが並べられた。
そのうちにお菓子とドーナッツとジュースが出た。
子供達は俄然、以前に増して賑やかになった。
ドーナッツを食べ、ポテトチップを食べ、ジュースを飲む。
「小腹が空いたのね!」子供達とは対面なので行動がよく見える。
顔も表情も真剣さも・・。
(うちの孫もこんなんだろうなあ)と思わされた。
午後4時、終了。
お茶とドーナッツをよばれて、サヨナラになった。
狭いマンションの玄関には靴がいっぱい。下駄箱にもいっぱい。
子供達の母親も数人来ていた。
玄関先で丁寧なお礼を言われた。
「ハーモニカ、よかったです。楽しい歌を聞かせていただきました」
女塾長さんなのか、お上手である。
「今日のために子供向けの歌を準備して来ました」
「これはささやかですが、ほんのお礼です」そう言って、金一封を差し出した。
Sさんは一応辞退したものの、再度差し出されて・・・受け取った。
そして私に言った。「来年まで預かっておきます」今日のメンバーは4人。
「中味は4000円だろうなあ、四人だから」アッシー君が言う。
「それはないよ、たったの1時間だしボランティアだし・・」
これは来年のお楽しみ。

帰宅して急いで夕食の支度をする。
豆腐が入った豆腐ハンバーグと、嫌な思いをしたほうれん草とリンゴのサラダ。
ボランティアの時間潰しで買った980円の大きなカバン。
10数年使った黒いカバンに小さな穴があいたので、お暇をやろうと思っていたが・・。
当て布をして接着剤でくっ付ければ、まだ使えるとただ今修理中である。
「物の性を尽くす」

暖かくて助かった。ten3.jpg

暖かい

冷え性の私は温度差に敏感である。
今日は朝から暖かだった。
バドミントンで動いたら、汗が出た。
今年最後の打ちじまいである。
中国旅行したという友達からチョコのお土産を頂いた。
みんなで分けて食べたが、単なるチョコではない。
「パンダだよ!」私はパンダを食べた。
何だかんだと雑談が多く、勝敗にはこだわらず、もう20数年続いている。
練習が終わる頃にひとりの友がやって来た。
「今年もお世話になりました。来年もよろしく・・の挨拶に来ました」との事。
そして「はい、プレゼント・・」と、バドミントン仲間に小袋に入った菓子を配って歩いた。
いやはや何とも粋なお人である。
私用があってバドミントンをお休みしたのにもかかわらず、わざわざ足を運んだ。
お互いに最後は挨拶をしあって、今年の仲間にサヨナラした。
「今年はお世話になりました。今年もよろしく・・」??間違えた!

帰宅して買い物に走った。世の中はクリスマスムード。
それにあやかって、鳥とケーキを買った。
おいしいものをおいしく頂く為に、腹減らしに小学校へ行った。
うさぎのお好みの草をいっぱい持って・・。
私の姿を見つけて、うさぎ達がフェンスに寄って来る。
「さくさく」「むしゃむしゃ」おいしそうに食べる。
「明日は用事があって来られないからな」そう言って、うさぎとわかれた。
そこへ校長先生が黒っぽい車の中で頭を下げながら、帰った。
御用納めはいつなのか?
小学校の周りを歩いていたら、水仙の花が咲いているのに折れていた。
それを手折ってiti21.jpg
貰った。いい香りがする。冬の香りだ。

天皇誕生日

ten2.jpg
平成天皇様のお誕生日。76歳になられた。
すでに後期高齢者になっていたのだ。
日章旗を掲げて、誕生日を祝福した。

朝10時からの市民館の大掃除に行く。
市民館の利用者グループ代表が集まった。
私は市民館に一番近いので毎年参加している。
予定がないし、グループに役立てると思えば元気もりもりで出かける。
男性陣に混じって「キャットウォーク」の掃除。
一生懸命だったので汗ばんだ。
一生懸命は気持ちいいものだ。
1時間余で大掃除は終了した。
冷たいペットボトルのお茶と駄菓子が話を弾ませた。
こんなチャンスでもないと、お互い知らない者同士が会話することがない。

午後2時からのげんきの郷の餅投げに行った。
「幼児・小学低学年組」「小学高学年組」「大人」と3回の餅投げだった。
投げる側(裏側)に回って、みんなの顔を眺めた。
折角カメラを持って行ったのに、カメラは車の中・・。
浅ましいというか、集中というかそんな人間の表情を撮りたかったのに。
子供はみんな袋の中に紅白4個の餅を貰っていた。拾ったわけでない。
私は足元に転がって来た紅い餅を1個拾っただけ。
「怪我でもしたら大変!」と、遠巻きに眺めていたのだ。
あっという間に餅投げは終わった。
今年は不景気風が吹いて、餅も少なかったようだ。
それより「餅投げ」をするだけの元気のあるJAに敬服する。

健康の森を一周しないうちに、パラパラと雨が降りだした。
急いで帰宅したが、洗濯物も日章旗も漬物用に干してあった白菜もかなり濡れた。
あ~あ。

私の指定席。
小さな池には小鳥が集まって来る。
私のハーモニカの音色に誘われるように。

冬至

ついに冬至に至った。
賀状はまだ・大掃除もまだ・・
今を生きるために頑張っているつもりだが、嫌なものは後回しになる。
絵手紙を2通、投函して買い物に行く。
スーパーはもう正月気分で、正月用品が並んでいる。
とても正月気分にはなれないが、店内に流れるメロディに乗っている。
今日、私は何を買いに行って、何を買ったのだろう?
先日買った高価なクリームにほっとしたのも束の間、その夜の湯上りにつけたら「ピリピリ」痛い。
よほど尿素が沢山入っているのだろう、これではたまらん!
一回塗布しただけで止めた。
土いじりをすると、そして寒い時に湯を使うので肌荒れがひどい。
手袋を使用するのも、面倒というより仕事がやりにくいし・・。それで今日の買い物は
アロエ入りのクリーム。今夜初使用する。

午後少し暖かいので健康の森へ行った。
健康プラザショップで3種のつまみを買った。
そしてげんきの郷で白菜とみかんとデコポンを買った。
帰宅してダンボールにみかんとつまみと自家製の大根葉の煮付けと
庭の採り立ての大根を2本詰め込んだ。
さあ、発送という段階になって困った。
最近は荷造りして物を送ったことがない。
「宅急便」の標がある個所が見つからない。
車でうろうろしていたら、知り合いのご夫婦が営んでいる商店に行きついた。
道路脇に「クロネコ宅急便」の看板が立っていた。
ここのご夫婦は新婚時代から知っている。
「御用聞き」としてお米屋さんに勤めていた。
お米はこのお店から買っていたのだ。
お互いに40数年ぶりのiti24.jpg
思い出に浸った。
「もう子供達も独立したのだし、悠々自適で過ごせるのでは?」
「いえいえ、動かないとボケたら困ります」そう言ってふたりで笑っていた。
このご夫婦は働き者で、奥さんは車で野菜・果物・雑貨・お米を販売している。

荷物を送ってほっとした。
自分でせっせと荷造りをしたので、どうも格好が悪いが、そこはそれ女のやる事だから仕方ない。
それにしても毎年のように「あきたこまち」を送って来る人。
顔も知らないメル友。
困っちゃうなあ!

この鳥、何鳥?
獲物を狙う。
健康の森で。

今夜は冬至で柚子風呂に入る。
湯治と冬至に柚子で、疲れを癒そう。

今日は・・

今日も寒かった。
明日から平均気温になるらしい。
とは言っても、今は冬。

朝晩はどうしても暖房が無しでは居られない。
今日はカイロを一個使った。
まあカイロのお陰で活動出来るのだから幸いである。
買い物に歩いて、特価品に釣られて・・ついつい買いすぎた。
省エネバッグに紐を付けたナップの紐が肩に食い込む。
重い・辛いではますます惨めになるので、空を見て雲を見ながら歩いた。

午後は庭の豊作の柚子でジャムを作った。
昨日友達から頂いた5個を加えて、全部で35個の柚子を使った。
柚子を輪切りにして、種と生り口の木の部分を取り除く。
それを大鍋に入れて少し水を加え、強火で煮始めた。
ところがあっという間に鍋底が焦げ付いた。
慌ててザルに空けて、鍋のコゲをごしごし洗う。
そして最初から出直しする。
少し大目に水を入れた鍋に柚子を入れて煮る。
約30分煮て、砂糖を加えて・・味見する。
すっぱい・・砂糖を追加する。
ようやくジャムらしくなったので火を消した。
冷めたら、ガラス瓶に入れようと準備している。
ところが食後にもう一度、柚子ジャムの具合を見たらどうもゆる過ぎる。
パンに付けたら、とろとろと流れそうだ。
そこでもう一度火をつけて煮込む。
iti23.jpg
やっぱり短時間で簡単には作れない。
台所に1時間以上立って作ったジャムは砂糖を追加しても、柚子らしくすっぱい。
鍋にいっぱいあった柚子は煮込むことによって、半分以下になった。
ペクチンのせいで?トロミがある。

昨日はカリンジャム・今日は柚子ジャム作り。
もうしばらくはジャム作りはやりたくない。

庭で育てた大根を半日干して、サワー付けにして日時を記入した。
この漬物にも柚子は活躍している。

近くの池にカワセミが居た。
あいにくカメラを持っていなかったので、瞬時の「しあわせ」だった。
アオサギはゆうゆうと田圃の中で虫を探している。
羽根を広げると驚くほど大きい鳥になる。

久しぶりに絵手紙を描いた。
今日届いた東京の親戚の人からの「今年も絵手紙に励まされました、ありがとう」
の便りを見て、忙しさの中で彼女の顔を想いながら一気に下手絵を描いた。

今日もスクールガードに出たが、もうみんな下校したあとだった。
明日は2学期の終業式だ。私もしばらく冬休みになる。

今日もいちにち

寒波が居座って寒いこと!
なのに何故かカイロ不要。
日曜日とて無給・無休。
せっせと動いていたら、寒さを感じなかった。
「何故わたしばかり?」「いつまで?」
まだ鼻水が出る。
風邪にかかった以上は、出来るだけ早く治したい。
薬を飲まず、せっせとやっている事は・・
生姜や唐辛子、みかんの皮を粉にしたものを大いに活用する。
百薬の長もたしなむ。iti20.jpg

昔からの風邪予防・治療薬。
熱が出たら、あの世行き(熱が出たことない)

午後、時間にゆとりがあったので「カリンジャム」に取り組んだ。
カリン2個と砂糖。1時間半、台所に立ちつくす。
ニオイは換気扇が回っているので、カリンの香りはどんなものか・・匂わない。
煮詰めて、冷まして、瓶2個に詰める。
お味はちょっと微妙な食感だ。渋みもある。
煮詰めている途中で友達が柚子を持って来た。
「うちも今年は柚子の豊作で、でも頂くわ。柚子ジャムを作ってみよう」
彼女は柚子ジャムの簡単な作り方を教えてくれたが、私は電子レンジに弱い。
昔ながらの作り方でやってみよう。
今日はもう疲れたので、明日かな?

夕方カメラを持って「レモン園芸の公園」に行く。
次第に色づいてきたレモンを撮って、ホームページにアップする。
うさぎのお好みの草を持って、小学校へ行く。
「寒いけど、あんた達は毛皮を着ているからいいねえ」

今夜は昨夜のカレーライスのルーが残っていたので「カレーうどん」にする。
それに先日貰った山芋をすりおろして、やまかけにした。
なんとも「微妙」な食感である。
おいしいと思えば、おいしいし・・・。

孫台風

車で10分のところに常住している台風がやって来た。
台風何号?
カレーライスに舌鼓を打って、大荒れに荒れた。
真冬の台風は直撃して去った。
ほっとしている。やれやれ。

午前9時半から近くの小学校の余興があった。
そこへボランティアで行った。
小学校は暖房無しで寒かろうと、着込んで行ったら、3階の図書室に暖房があった。
どこかの「子供会」かと思ったら違っていた。
開会の挨拶をしたお姉さんの言葉によれば「今年最後の・・学習会」とか?
名札を見たら、社会教育課放課後児童・・・とかとあった。
なんだ、一応市役所の人間だ。
てきぱきしたお姉さんだった。
マジックとハーモニカで約1時間楽しんでもらった。
小学生が20人余りとボランティアの叔母さんが数人居た。
10時40分に終わって、食べ物通りの「やじろべえ」で、忘年会としゃれこんだ。
今日のメンバーは4人で、ランチ1000円とデザートにパフェを注文した。
どれもおいしかった。
気の合った仲間とのお喋りが弾む。
「今年はお世話になりました。
来年もよろしく頼むわ」Sさんが言う。
お代はSさんが支払った。
私が「忘年会をしようよ」と、声をかけておきながら全く申し訳ない。
送ってもらって帰宅したらまだ12時を回ったばかりだった。

陽が落ちる前に「うさぎ小屋」へ餌を持って行った。
今日は野球チームの少年達が、今日のプレーはまずかったらしく監督から怒鳴られていた。
どんなに怒鳴っても、監督が少年達のためになのだと思うとそこに「愛」を感じる。
少年達は全員しんみりと頭を下げて黙って聞いていた。

夕方になって息子一家がやって来た。
いつものカレーライスより少し甘口だった。
炊飯する時にみかんの皮を粉にしたものを混ぜて炊いたので、ご飯が甘かったのだろう。
みかんの皮は風邪予防になるらしい。

昨晩から鼻水がポタポタなのだが、緊張が緩んだらまたポタポタになった。
早目に寝ようと思っていたのに、台風で遅くなった。
これでは風邪が長引きそうだ。
早く退散してくれるのを祈る。iti6.jpg

寒い!!

iti13.jpg
日中も一桁の寒さ。
6泊7日の寒波襲来。
週末までとの事だったが、月曜日まで居座るらしい。

寒い時は花を買う。こころが温まる。
昨日はシクラメン2鉢買った。5号鉢で598円。
♪布施明のシクラメンのかほり
真綿色した シクラメンほど すがしいものはない~出会いの時の 君のようです ~
今日は菊の花束と、葉牡丹・アリッサムの花苗を買った。
この寒いのに昼食後、寄せ植えをした。
やり始めたら止められない楽しさ。
寒風が吹いているというのに・・感じない。
寒さついでに、スクールガードをした。
2学期も22日で終業式となる。
まして今日は花金で、荷物をいっぱい持った小学生が下校する。
まつぼっくりで作ったミニミニクリスマスツリーを持って下校しているのは1年生。

私は時間帯でゆとりのある時に「めじろの餌台」を作った。二個。
「それなあに?」興味津々の眼で見つめる高学年の子。
「ここにね、みかんの輪切りを挿しておくとメジロが食べに来るんだよ」と、説明する。

夜になって鼻がシュンシュンする。
詰まったような、鼻水が出るような・・いや~な予感。
風邪を引いたことがないと自慢していたが、強烈な寒波にやられたか!
明日は小学校へ子供会の余興に行く。

たまに暖かい

バタバタしている日々だが、たまに「ゆとり」もあって、ありがたいと思う。
いつも「ゆとり」ばかりだったら、ありがたさは感じないないだろう。

今日もバタついた。
午前中は友達とバドミントンを楽しんだ。
身体が動かない分、口がよく活躍する。
「あなたはいい子」と、ペアに頭を撫でられると、まるで魔法にかかったように
身体が軽くなって、見事なプレーが出来た。自分でも驚いた。
ペア次第で勝ちたいばかりの人とペアになると、身体がこわばって「ごめんね」の連発。
12時まであと30分のところで、バドミントンを切り上げた。

帰宅して午後の準備をする。
午後は隣の市のディサービスへ行く。
マジックのSさん夫婦と私と3人で1時間、楽しんでもらった。
「今日は少ないのですよ」職員さんが申し訳なさそうに言われた。
しかしみなさんの反応が多くて、よかった。
終わって「一緒にお茶してください」と、言われて・・利用者と同じテーブルに座る。
「ありがとうございます」「こちらこそ・・」
「お上手ですねえ」利用者さんが、ハモニカを吹くジェスチャーをする。
「いいえ、まだまだです」
今日はお誕生会で84歳のお爺さんが主役だった。
元気カクシャクとしていたが、介護保険サービスを受けているのだ。
「また、来ます」
そう言って「サヨナラ」した。
帰りに寄り道して買い物をした。
カーマで「ふかしネット」を買う。
「今日から特価だから安いわね」私がシクラメンを買おうと品定めしていたら
隣から声がかかった。中年の叔母さまで、彼女はシクラメンを狙って来たらしい。
安いのに釣られて、2鉢も買った。

帰宅して早速「ふかしネット」を使って、赤飯を蒸した。
今日は連れ合いの誕生日。
「誕生日なんて、うれしくない」といつも言うので黙って作った。
そして黙って食べた。
それなのに「誕生日サービス」を活用して白いセーターを買って
ひとりで喜んでいた。この写真は朝ドラの舞台になっている「なんとか浜」で、あか海がめが産卵に来る。hatij4.jpg

寒かった?

一日中部屋の中だった。
ほどよく暖房が効いていたので、寒さは全然感じなかった。

朝の10時からハーモニカの時間。今年最後のレッスン日で、忘年会もした。
雑談をしてお互いに親密度を増したようだ。

10人と先生が個人レッスンと、合奏の練習に励んだ。
そのあとランチの出前で、忘年会となった。
主婦と男性3名がお喋りしながら・・・昼食を食べる。
みかんの差し入れと、私が柚子の皮を入れて漬けた白菜の一夜漬け。
駄菓子と寿司ランチは自分持ち。
食後、ビンゴゲームで楽しむ。
ひとりひとりが持ち寄った「賞品」
賞品に寄せ植え用のミニ葉ボタンもあったが、当たらなかった。
私は「中日ドラゴンズ手ぬぐいとハンドタオルセット」と「自分の絵手紙と、プロの同級生が描いた童画セット」
を出した。
自分の事に一生懸命だったので、私の出品物が誰に渡ったのか知らない。

午後はひとりひとりご自慢のハーモニカ曲を吹いた。
一周して「もう一度・・」と、結局2曲ずつ吹いた。
私は「タンゴともしび」と「四季の歌」
上がらないが、間違えた。
毎晩練習していてもこんなもんだ。

「来年から毎週練習しよう」と、言う人が出た。
もっと上手に吹けるように向上心の強い人だ。
私は言った「主婦は忙しいのよ、毎週も出られないわよ!」
よほど向上心と「ゆとり」のある男性なのだろう。
私は夜もやる事があるのよ!
暗くなって庭の柚子を収穫して輪切りにして、夕方買って来た蜂蜜に漬ける。
裏の奥さんが「蜂蜜柚子は風邪にいいのよ」と、教えてくれた。
私は風邪を引いたことがないが、風邪引きさんが出た時に飲まそうと思う。
これは酒抜きだから大丈夫!
ホワイトリカー漬けにしてiti4.jpg
もよかったのだが・・。

今日も暗くなるまで、楽しみもあり、忙しさもあった。
明日はもっと寒くなるそうだ。
カイロ2個のお陰と、公民館の暖房のお陰で寒さ知らずの一日だった。

忘年

今日は寒くなるとの予報が外れてよかった。
カイロ一個不要で、一個分の金額が助かった。
デフレなので緊縮財政を心がけないとね。
そうでなくても、昔からいえば贅沢三昧の生活をしている。
小さなコタツを囲んで、団欒が弾んだ子供のころ。
「銀しゃりを腹いっぱい食いたい」と、思っていたが・・
現在はそれどころでなくなった。銀しゃりより「もっとおいしいもの」を求めている。
それが身体に悪いことを知っていながら、舌は我慢が出来ない。
かえって麦飯がいい事も知っているが、一度贅沢に染まったら、もう後戻りは出来にくい。

なんだかんだと思いつつ、今日も暮れた。

夜はホッとする時間。
パソコンと遊べる自由時間。
今夜は白くなってきた髪を染めよう。
まだ真っ白な頭髪に無駄な抵抗をiti3.jpg
している。
真っ黒もこの歳では可笑しいのだが、ひとつでも若く見られたい。
先日のバドミントンの時に「欲」について話が出た。
「どうしたら欲がなくなるだろうか?」
「そりゃあ、あなた。生きている限り欲望はなくならないよ!」
そうだそうだ・・みんなガッテンした。

昼と夜

月曜日の朝のゴミ出しはいつも6時半過ぎ。
空気が緊張している。肌にピリッと感じる。
(今日は天気がよさそうだ)
その通り。
日中は暖かだった。
厚いコートは要らない。

午後、今年最後になる「Kディサービス」へボランティアで行く。
10人。
「いいお年を。来年もよろしく」の挨拶を交わす。
哀しいことはほぼ毎日ここのディサービスに行っている近所の人、反応がなくなった。
眼がうつろだ。
ディの近所に住む親友がやって来た。
前以て、職員さんに許可を得ていたそうだ。
午後の余興が始まる前に来て、終わりまで見ていた。
彼女は足腰と会話に重点を置いている。
「ひとりで黙って居たら、ボケてしまう」・・だから彼女は誰にでも話しかける人なつっこい人だ。
去年の2月に夫を亡くして、一人暮らしをしている。
「寂しくなったらいつでも、電話頂戴!」私はそう言ってサヨナラした。

陽が落ちるとさすがに気温が急激に下がる。
小学校へ行ったら、個人面談の日で親が大勢来ていた。
ちょっと教室を覗いたら、3人座っていた。
親と主任教師と副担任だろう。なんだか寒々とした光景だ。
点数だけで、学校生活だけで・・子供の優劣をつけるのだろうか?
明日は寒くなりそうだ。mou2.jpg

暖かい日曜日

寒波が来るぞ、師走の大寒波だぞ。
しかし今日も穏やかなお日和だった。
少し寝すぎたが、サンデーくらいいいだろう。
気持ちをゆったり持とうと、家事の片付けが終わらないのに、庭の手入れに手を出した。
これがやり始めると止められない。
小さなプランターの花がとっくに咲き終わっているのに、ほったらかしだった。
その小さな鉢に土を入れて、こぼれ種の花苗を植える。
どんな風に咲くだろうか?と、心躍らせながら、時間はゆっくり流れる。
ついでに野菜と花に肥料も施す。
ニンニクを土に埋めていたら、可愛い芽が出た。
息絶えた虫を土に還す。冬コスモスも一緒に。

さっさっと背筋を伸ばして大股に歩いて買い物に行く。
暖かいので気持ちがいい。

午後3時半、孫のうちへ行く。
息子夫婦が留守になるので「孫守」を頼まれた。
孫のお守に行ったものの孫達はゲームに夢中。
何も知らない私に教えてくれるが、ちんぷんかんぷんで分からない。
今の子供達はこんな小さな機械でひとり遊びして、小さな字を読んで眼も心身も大丈夫
だろうかと心配になる。
そのスピードの速いゲームを理解して、機械と遊んでいる子供達は凄いとも思う。
息子が帰宅したので、5人で近くへ食事に行った。
その店の看板には何と24時間営業とある。
ファミリーレストランもコンビニ並なのを知って驚いた。
老夫婦が静かに田舎の片隅で生活していると、時代の流れというか、現代離れした感がある。

我が家へ帰宅したのは7時半。
午後8時からの司馬遼太郎の「坂の上の雲」見る。
hatij26.jpg
ていたら熱中して1時間半も見てしまった。

暖か・・

昨日の終日の雨のあとの今日は、快晴。
11月半ばの気温とか?
もう師走も中旬というのにね。

土曜日の午前9時の園芸クラブの作業に行く。
カイロは要らない。
草取り、枝切り、苗植え作業をしていたらなんと汗が・・。
冬に汗をかくことは珍しい私の身体なのに。
汗かき体質になったのだろうか?
他の人はもっと大汗をかいていた。
「あなた、メガネの中に汗が流れ込まない?」
「ううん全然。身体中が汗ばんだけどね」
今日は十数名の人が汗のボランティアをした。
「よっこさん、もうお供えが出来たからいつ逝ってもいいよ」と言う。
私はいつ実るかもしれない「レモン」に業を煮やして、時々「生きているうちに・・レモンが生っているのを見られないかもhatij28.jpg
知れない」と言っていた。
レモンの木19本を植樹して丸3年経った。
今年は一本のレモンの木だけに7個のレモンが生っている。
実は大きくて、日増しに色づいている。
お供え用のレモンが生ったのでもう何時逝ってもいい。
「折角だから19本全部の木に生ってからにしたらどう?」と、言われた。
来年には全ての木にレモンが実るだろう。
暖かいので2時間近くも作業をした。

帰宅して掃除して客人を待った。
次男が高価な育毛シャンプー・育毛剤を持って来た。
男女兼用のシャンプーなので、頭髪が薄くなった私も試してみよう。
毛がふさふさ生えたら、みんなに宣伝しよう。

終日の雨

朝から雨。
かなり降った。
昨日は掃除をお休みしたので、今日は閉め切ったまま掃除機をかける。
まだ疲れがすっかり取れないようだ。
四国巡礼の3日間の旅で、義兄は歯の調子が悪くなったそうだ。
歯茎が腫れ上がったとか?
義兄から電話があったので、調子を聞いたら・・緊張が足りなくて返って疲れたと言う。
「歳のせいですよ」と言ったら、笑っていた。
次回来年3月の第5回目の巡拝の知らせが旅行会社から来た。

大雨の中、長靴を履いて合羽を着て買い物に行った。
歩き始めは寒かったが、帰宅したらポカポカしていた。
午後は大雨で寒いので、肌ふとんをかけて昼寝をした。
夕方になってやっとエンジンがかかって、デジカメから先日のお寺の写真を取り出して
ホームページにあげた。
夜の食事は鍋にした。
今日の気温は12度で寒かったらしいが、昼間はストーブをつけなかった。
腹の上に乗せているカイロのお陰だろう。hatij27.jpg

時間

足りない人は忙しい。
要領が悪いのだろうか?
昼寝の時間は必要なので、取っている。

午前中はバドミントンで汗を流す。
汗をかくのはこの日だけ。
大笑いするのもこの日が多い。
今日の話題は昨晩のテレビの「しみ」の話だった。
お肌に投資しない私にはシミが少ないのでは?

夜の6時から駅前のハウスで、忘年会があった。
「レモン園芸クラブ」の仲間が集まった。19人。
総会があって、乾杯があって、余興でハーモニカを吹いた。
「歓喜の歌」と「母さんの歌」
2曲くらいが丁度いい。あまりしつこく何曲も吹くと、嫌いな人は耳を塞ぐだろう。
生中とウーロン茶で乾杯して、オードブルや知多牛・豆腐のリッチなメニューを食べながら・・喋った。
そうそう「おでん」がおいしかった。
おおた先生からのクリスマスケーキの差し入れも有って、しかし全部平らげた。
最後に福引があって「お風呂セット」が当たった。
私が一番高価なものを頂いたようだ。
ありがとう。
帰りは暗い夜道を腹ごなしに、同じ方向のmen14.jpg
女4人で歩いた。

12月9日

四国遍路の旅では、15ヶ寺を3日間でお参りした。
暖かい穏やかな日々だったが、積もるはずのない疲れがたまったようだ。
歳は取りたくない。
明けて9日のボランティアに出かけた。
身体がふわふわした感じだったが、その意気込みがあればやれるものだ。
20名ほどのディのお客さんの前でマジックのSさんと、ハーモニカ係りが4人で
1時間楽しんでもらった。
知り合いの女性が温マッサージとやらで来ていた。
マッサージ師の資格を持っているらしい。
全身・手首・肩・・と痛い個所を暖めて、マッサージしていた。
ディサービスの部屋はまるで温室で暖かだった。
外に出ると・・窓辺に背の高いいつまでも咲き続ける「皇帝ダリヤ」が咲いていた。

帰宅してスクールガードをする。
交通指導の叔母さんは休みなのか居なかった。
それで大それたことに、通学路の横断歩道で、車や子供の通行をさばいた。miji6.jpg

まとめて三日

日曜日の早朝、電車に飛び乗った。切符を買う暇もなく息を切らせて・・。
それに乗らないと、新幹線座席指定に間にあわないのだ。
ツヮーの四国巡礼の旅の第4回目に乗った。
新幹線で大阪まで行き、そこからはバスの旅だった。
明石海峡・鳴門海峡・徳島でお参りして高知の室戸へ。
国定公園になっている海沿いの道は快適だった。
一泊目は波の音で眠れなかった温泉ホテル。
オリオン星座が綺麗だった。

翌日は土佐をうろうろして観光で桂浜を歩く。
桂浜は3度目になる。竜馬像が太平洋を見下ろしている。
来年の大河ドラマは「竜馬が行く」
次第に景観が変わりつつある。建物が増えたりして・・。
夜になって食事の前にはりまや橋まで歩く。
はりまや橋は朱塗りで小さな橋。
♪坊さんかんざし買うを見た~よさこいよさこい

翌日も土佐をあっちこっちした。
なんといっても快晴で暖かくて、空の青さに満足したし、恵まれていることに感謝だった。

帰りは香川の坂出でバスにサヨナラして、マリンライナーで岡山へ。
岡山駅で1時間、コーヒー飲んで喋って買い物した。
晩ご飯になる駅弁「まつりすし」を買って、岡山始発のひかりに乗った。
名古屋に着いて、外に出てイルミネーションを見た。
素晴らしかった。
四季が物語りになっていた。
帰宅したら10時過ぎていた。

朝から小雨が降ったり止んだりしていた。
週末の雨は一週間の疲れ取りになる。

午前9時、雨はたまに落ちる程度の降りようだった。
庭で増えた花を抜いて「あそこ」へ植えようと公園へ持って行った。
早起き組の人達は、既に数人来ていた。
せっせと作業をしている。
種で蒔いた花苗が少し育つと、ビニールポットへ移植する。
ビニールポットである程度育てて、花壇に定植する。
私が持って行った「チェリーセージ」と「ミニすみれ」と「?」を陶器の鉢に植える。
せっかく貰った鉢が空っぽだったので、来年咲く花を夢見て定植した。
約1時間の作業後「お茶飲みに行きましょう」と、市民館へ行く人が居たが・・
私は失礼して帰宅した。
帰宅してから雨が本格的に降り始めた。
植えた花がしっかり根付くだろう・・と、ほっとした。
一休みして長靴をはいて、買い物に行った。
大して必要なものは無いが、歩くのが目的だ。
明日からの旅行におやつを買った。
多分、食べる暇もないほどに忙しい3日間になるだろうが。
今日の雨は明日の晴れを約束したようなものだ。

寒いので一日中、ストーブをつけていた。
久しぶりに絵手紙を描いた。
先週買ったポインセチアが下駄箱の上に置いたままだった。

夕方になってやっと雨が止んだ。
散歩がてら、ヒサカキを採りに行って、畑で菊の花を花泥棒した。
そういえば、毎日のように夕方この畑に来ていたご夫婦どうしたのだろう?
草一本生えないほどに手入れしていた畑に雑草がたくさん生えている。

うさぎの好きな草をいっぱい収穫して小学校のうさぎ小屋に行った。
グランドでは小学生の歓声がする。
大雨が降っていたというのにサッカーをやっていたのだろうか?
毎週土曜日の午後はサッカーと野球の練習をしているmiji3.jpg
が・・。

消費期限を45日も過ぎた「焼きうどん」を使った。
これを買う時は消費期限を見て、この日までには食べるだろうと思っていた。
しかし冷蔵庫の奥に隠れていたので、随分の期限切れだ。
「お腹が痛くなったらどうしよう・・。
明日から旅行というのにピーピーでは困ってしまうし・・」
しかし昔は消費期限などなかったので、安心して何でも食べていた。
「お腹に聞いてみよう」
今夜の焼きうどんは格別の味がした。

準備おさおさ怠りなし。

ユニクロ

年金生活に入った友達が多くなった。
「ユニクロが割安で、だあい好き。普段着はあそこで上等よ」
「あなた寒がりでしょう?暖かい下着を売っているわよ。
割安でね」
寒がりの私は数年前に北海道へ行くハメになった。
その時に「エベレストの頂上でもこの肌着一枚で充分あったかい」の宣伝文句に乗ってそれを買った。
上下で確か一万何千円かした。
北海道は2月というのに、まるで春のような陽気だった。
その肌着の上にいっぱい着重ねて行った旅だったが・・。
帰宅して箱入りで来た肌着を、そのまままた箱に入れたままだった。
洗濯も(手洗いの表示だったので)せずにそのまましまった。
箱は何年も洋服タンスの上にホコリをかむったまま置いてあった。
今度今年最後の88ヶ所巡りに出かける。
寒いということは私にとっては恐怖である。
しかし「その日」に決めて、旅行代金も支払った。
そこであのエベレストの肌着を思い出した。
タンスの上から下ろしたら・・箱に積もったホコリが凄い。
ひょっとしたらカビが生えているかもと思ったが、カビはなくてまだ新品同然だ。
それで予報で寒気が来そうだったら、それを来て行くことにした。
しかし友達が勧めてくれたユニクロの肌着も着てみたい。
広い店内はウィークディというのに客が多かった。
身に付けるものが何でもある。
店員さんに聞いて、肌着売り場へ行った。
なんとサイズは豊富だし、デザインもいろいろあるし、カラーも豊富である。
決めるのに時間がかかった。
1500円也のを2枚買った。
「ヒートテック」という繊維で、軽くてコンパクトだ。
これで暖かいのかと、心配になる。
立派な袋入りで、その袋には「いいことばっかり」書いてある。
私にしては高価な肌着だ。今までの普段肌着は1000円より高いものは買ったことがない。
しかし新しい物を買うと心がウキウキする。

午後はウキウキで、公園散歩した。
げんきの郷では「焼き芋」屋さんが営業を始めた。
先日のテレビで「きのこ鍋」をやっていたので、きのこ類を買い込んだ。
作り方は鍋料理番組を沢山見たので、頭の中はごちゃごちゃで、鍋の作り方もごちゃごちゃになった。
しかしきのこの香りと歯ざわりが何とも味噌味でおいしかった。

一生懸命歩いたら、オデコが汗ばむほどの陽気だった。
しかしさすがに夜になってシンシンと冷えて来た。
明日は雨とか?jar1.jpg

さむさむ

雨予報だった。
洗濯はお休みしてバドミントンに出かけた。
先週の木曜日に寿司屋で忘年会をした。
そのあとコメダでお喋りをしてあれから一週間経った。
「もう一週間前の事?」
そして今日も先週のことを忘れましたという顔で、みんな励んだ。
最近は暇になって、体力作りのため、体力ためしのために大勢集まるようになった。
全面3コートのネットを全部張っても足りないくらい。
みんなそれなりだ。
私とペアを組む人には申し訳ないが、私はいくら頑張っても全敗だ。
たまに上手な人も失敗することがあって「ドンマイ、ドンマイ」と大声で言ってやる。
お互いさま・・のとこもある。
終わって自転車を曳いて帰りながら、友と話す。
「私ね、パソコンを始めたの・・。どんな物か知りたくて・・」
「偉いわねえ、この歳になって挑戦しようという気持ちが凄いわ!」
「ワードとかエクセルとかチンブンカンプンだけど、教えて貰ってもすぐに忘れるし
笑って誤魔化しているのよ。それで絵手紙は全然描いていないの・・」
「あら、私も最近は全然筆を持っていないわ」
あれほど一生懸命に花を描いていたのに、ひとつ事を始めると、ひとつがおざなりになった。
時間的にも体力的にも増量は無理だ。

午後3時、傘を持ってスクールガードに出る。
双子の一年生がいつも笑顔で手を振ってくれる。
私は倍返ししているつもり。
高学年の下校時間までに間があったので、学校の近くを歩いた。
小学校の周りの農道を歩いていたら「りき」ちゃんが散歩に出かけるとこだった。
りきちゃんのお母さんが私を見つけて言った。
「あのねえ、今日は2羽も来てそこの電柱に居たのよ」
「あの電柱に止っているのはノスリのようだけど・・」
そうだあれはノスリだ。
ノスリがカラスに追われて、ゆっくり羽根を羽ばたかせて遠くの森へ行ってしまった。
ノスリが2羽も居たということは、ツガイだったのだろうか??恋の季節?
寒いのに・・。
miji15.jpg
今日もデジカメを持参していなかった。

今夜は寒いので、豚汁にした。
明日は晴れるらしい。

晴ればれ

昨日の快晴でふとんを干し、今日の快晴で大物を洗う。
師走というのに暖かくて助かる。
それにしても大掃除の予定はない。
日々元気でさえあれば、来年は来る。
そんなズボラになった。
ホコリで死ぬことは無い。
歳取ったら、無理は絶対に禁物。

午前中は家事で過ぎた。
午後は月に2度のハーモニカサークルに行く。
個人レッスンの時に、ちょっと高度な曲に挑戦した。
「まあまあ何とかいいでしょう。随分、練習したのでしょう?」
「はい、毎晩・・そうとうに」
「ほぼいいのですが・・そうしょくの個所をもう少し練習するともっとよくなるでしょう」
「草食ですか?草食動物・・草食男性・・」
「いえいえそのそうしょくではありません。
飾る装飾です」
「昨日の今年の流行語で・・そうしょくがニュースになりましたねmiji11.jpg

みんな大笑いした。
私はごく真面目な顔ですらっと言ったので、余計に面白かったのだろう。
「もっと練習の回数を増やしたらどうか?」と、言う男性が居る。
どうもこの男性は閑を持て余しているようだ。
「私は夜だって退屈したことないわよ。月に2度で充分です。
女は忙しいのです」
自分の体力の無さを棚にあげて断った。
先生は熱心で午後4時までなのに大幅に長くやった。
私としてはもっと時間を厳守して欲しいのだが、それは言えない。

帰宅してすぐに食事の支度にとりかかる。
夜は早い。
年金生活をしている我が家の夕食は5時なのだ。

機嫌

昨日は一日、暇だった?
パソコンが機嫌をそこねて「うん」とも「すん」とも言わない。
こんな事なら誰かに助けてもらおうと思っていた。
2005年購入のパソコンはもう古くなった?
私と一緒でもう使いものにならない?
動かないならまあいいや、パソコンなくても生きていける!
それでせっせと野外へ出て、からすうりや松ポックリ蔦を収穫してきた。
陽が暮れてもまだリース作りは続いた。
二個、作りつつあった。
パソコンが無いとのんびり出来る。
ゆっくり身体を休ませた。
そして今日は氏神参りに行って、百均でクリスマスグッズを4個買った。
帰宅して太陽を背に浴びながら、リースの仕上げをした。
そして一個は自転車でみっちゃんとこへ届けた。
みっちゃんの笑顔を思い浮かべながら・・。
まだ学校から帰っていなかったが、スクールガードをする私としてはそれでいいのだ。
みっちゃんとこまでは、超特急で電動自転車で1時間かかった。汗かいた。
帰宅して休憩してスクールガードに出た。
交通指導の叔母さんは今日1日は「交通安全週間」でmiji13.jpg
、市内の幹線道路で安全運転を呼びかけると言っていた。

夜になって、もう一個のリースを交通指導の叔母さん宅へ届けた。
先日のおいしい和菓子のほんのお礼のつもりだ。

田舎の従姉妹から「活きえび」が送られて来た。
まだ跳ねているえびを料理するのは可愛そうだったが・・。
「痛いだろうね、ごめんね1えびちゃんの命の分、頑張るからね!」
オガクズの中から箱の外へ元気に飛び出していたえび。
活きがいいだけにおいしかった。

「無理するからだよ、パソコン治っているよ」連れ合いが動かせたくれた。
私は男っぽくて何をしても荒っぽい。
機嫌を損ねられても仕方ないか?

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード