Entries

三月は去った

今日は雲の多い日で、寒かった。
冷たい風がかなり吹いた。
近くの「のんびり村」の内覧会に行った。
木造の建物はぬくもりがある。
採光もよろしく明るい。
介護施設と「多世代共生住宅」一坪半農園などがある。
年代を問わない共に生きよう・・の理想郷のようだ。
しかし入居・利用するには高額のお金がかかる・・。
先立つものが必要だ。
落成記念のタオルを一本貰って帰った。
nappa4.jpg
スポンサーサイト

昼間は春

いつもの散歩。
朝は寒かったが、午後になって出かけた。
カワセミを狙って、三脚を立てて待っている男性が居た。
私はそこまではやらない。
一生のうちに「これしかない!」という一枚は欲しいが・・。
今日もいつもの池にツガイでいた。
しかし2羽一緒のところは撮れなかった。
汗ばむほどの陽気になって一枚脱いだ。
自販機で120円のアイスを買った。
おいしかった。

帰宅して内覧会があるという「のんびり村」(老人介護施設・共同住宅)へ
行っていたら帰って来る友に出会った。
「3時までだよ、また明日にしたら?se4.jpg
」で一緒に帰った。
高齢になって老後の心配をあおるような介護施設も参考のために見ておきたい。

寒いけど・・

日曜日、寒いが外出する。
いつもの公園へ。
カワセミとの出会いがあったが、シャッターチャンスを逃す。
つがいで鳴きあって、飛んでいたのに・・早すぎた。
「今日は居ますか?あちらの橋の辺りによくいますよ」カメラを構えている私に声を掛けた男性。
この公園の近くに住んでいるらしい。
「いたちもヌートリアもここに居るらしいですよ」

夕方長男一家が来た。
年金生活になって夕食は午後5時。
「カレーライスが食べたい」と言う孫に「今日はもう間に合わない。
魚ご飯を食べて・・」魚好きの孫はおいしそうに食べた。
食事はふたり分の準備しかしてなかったので「じゃがいも」を茹でた。
とっさの時の助っ人。合計6人。mesu1.jpg

それが珍しかったのか「おいしい、おいしい」と好評だった。
よかった、よかった。

野を行く

寒い日だった。
朝9時から「ふれあいガーデン」で、neko1.jpg
花柄摘み・草取り作業を1時間。
あとお茶する。
花より「よもぎ団子」がお茶受けに。
午後は広い丘陵地を歩く。
冷たい風がいつの間にか、春風になっていた。
動くと温まる。
山桜があちこちで咲いている。
「ネコヤナギ」から新芽が出ていた。

春は遠し

今日も寒かった。
灯油ストーブをつけっぱなし。
掃除の時は切るが、電気カーペットと併用する。
それでも足元が冷え冷えしている。

春休みの小学校のうさぎに餌を持って行く。
シルバーさんが、草刈機できれいさっぱり草を刈り取っていた。
先生の移動が発表されたらしい。
休み中なのに車がたくさん止まっていて職員室には明かりが付いていた。

「さくら草」が満開で、冷たい風にピンクが揺れている。
春の歌を歌っているようだ♪
一番早くに咲いたチューリップは赤だった。rippu1.jpg

小寒い

いつになったらホントの春が来るのだろう?
今朝も寒かった。
足の先が冷えて、動けない。
バドミントンをやったが、暖かくならない。
数回ゲームをやっているうちにやっと汗をかいた。
私の身体はどうなっているのだろう。
頭の血の巡りも悪い。
こんちゃんが「私、呆けたみたい!」なんて言うけど、私はもっと酷い。
最近はじっとしている時、たとえばテレビを見たり、新聞を読んだりしていても眠い。
まるで眠り姫になったようだ。
「いい夢」を見て、おやすみなさい。tera5.jpg

つがいで・・

いつもの公園のベンチに座っていた。
ぼ~っ。
眼の前をメスのカワセミが飛んだ。
追っかけるようにオスのカワセミが飛んで行った。
飛んで行った方向に小走りで走って・・探したが居ない。
カメラは間に合わなかった。
ハーモニカを吹きながら、カメラの準備をした。
あわよくば、もう一度の気持ちだった。
そうしたらヒスイ色が見えた。
眼の前の小さな池の向こうの草むらに止っていた。
オスがメスを追っかけずに、餌になる小魚をじっと狙っていた。
そして池に飛び込んで、餌をゲットした。
木の枝に生きた魚を打ちつけて、それを咥ike2.jpg
えて食べた。
カワセミの求愛、オスがメスに餌を差し上げることから始まるらしい。
このカワセミは「愛」より「食欲」を満たしたようだ。

大宝寺へ・・

快晴に誘われて、南知多にある大宝寺の白モクレンを見に行った。
知多四国44番札所になるこの寺には参拝者が次から次へと・・。
小高い山に囲まれたこの山寺には100本以上の白モクレンがある。
今年もこの白モクレンに出会えたことに感謝!
ウグイスがあちらこtera1.jpg
ちらで歓迎してくれた!

内海の海岸にある白砂の湯でバイキング昼食。
テレビの前には野球ファンが釘付け。
WBCで日本が優勝。3年に一度の世界大会らしい。

さぶう~

昨日は春の嵐だった。雨と強風。
今日は強風だが太陽はあった。
冷たい風に背がすくむ。
まだ春は来ない。
三寒の日。
スクールガードも寒かった。
約30分間、学校と保育園前までをうろつく。
もう6年生は居ない。通学団長は5年生が・・。
小学生は明日は終業式なので、今日は荷物が多かった。
半紙に書いた習字や、絵が風で飛んでいく~。「まって~」kin2.jpg

春の嵐

暖かいのに風雨が強い。
それでどこへも出られず、家に籠もる。
雨の止み間を縫って、歩いて買い物に行く。
ついつい買いすぎて、4キログラム以上の荷物をしょって歩くハメになった。
パルロードのオオシマザクラが散り始めた。
個性があるのか、同じサクラなのにまだ蕾もある。
このサクラのさくらんぼが実るのが楽しみ。
日曜日の雨は休養になったか?
玄関先の雑草を今日でやっと抜き終えた。
またすぐに生えるだろうが、わが煩悩と同じで仕方ない。
「あさりご飯」を炊いて、孫宅へ・・。kobu7.jpg

春だよ~

朝9時からのレモン園芸クラブに行く。
4月始めの花壇コンクールに向けて、花柄摘みや草取りをする。
薬草として育てている「わけぎ」をみんなで分ける。
終わって、お茶する。
雑談だが、大勢居ると話題が多くて楽しい。

帰宅して健森を歩く。
お休みで快晴ときているので、大勢の人が公園でそれぞれに遊んでいた。
カワセミがツガイで居たが撮り逃がした。
日光浴と見知らぬ人達に癒された。
げんきの郷の河津サクラは葉桜になった。kobu3.jpg

春風

今日の風はまるで春風。
この風が一変して寒気が来るとか?脅かさないでよ!
午後は「しあわせ村」でボランティアする。
7名のメンバーで1時間半。
暖房がよく効いているので、職員さんは半袖のポロシャツ一枚だけ。
三味線のお姉さんは弾いて歌ってだから、大汗をかいていた。
私はハーモニカで「春風」を吹いた。
終わって外へ出ると強風が吹いていた。
しかし寒くはない。
聚楽園の大仏さまは、いつも変わらぬ表情で半眼で見てござる。osu5.jpg

五月の陽気

午前中はバドミントンを10人でやった。
全戦全敗。ペアの足を引っ張ってばかりだ。
それでもいい汗をかいた。
汗の出にくい身体から汗が出ると「生きている」を実感する。
野菜を作っている友達から「ブロッコリー・なばな・カリフラワー」をいっぱい貰う。

午後は連れ合いはWBC(キューバ戦)を見たので、私は歩いて買い物に。
野菜をくれた友達に「頂戴!」と言われた「だいこんの花」の絵手紙を投函する。
小学校の卒業式があった。
この日にあわせて咲かせたパンジーやビオラ・ノースボールが満開だった。you3.jpg

暖かいは嬉しい

今日も昨日に続いて暖かだった。
昨日は布団干しをし、今日はそろそろ冬物の洗濯をしてしまい始める。
「いきいきサロン」でボランティアをする(午前中)3人のメンバー。
終わって世話役の人から感想を聞かれた。
約30名の参加者は熱心に目と耳を傾けていた。

午後健康の森を散歩した。
いつもラッキーを期待して行くのだが・・スカを食らう。
今日はラッキーにもカワセミに出会えた。osu2.jpg

春だ!

今日もあたたかい。
桜便りがあちこちから届く。
小学校の白モクレンも満開になった。
白いものは写真にすると、そのままに写っていない。
腕の悪さか、カメラが悪いのか?
anata5.jpg

庭の雑草を毎日少しずつ取っている。
ふれあいガーデンの草取り作業をする私が、自宅の庭は
おざなりにしていた。
トウが立った大根に花が咲いた。
そのうちに絵手紙に描こう。

春かな?

暖かいいちにちだった。
公園へ行って、ハーモニカを吹いた。
自然の中では音は美しく聞こえる。
木々の梢で小鳥が戯れている。
青さぎが獲物を捕らえて・・あの小動物は何だったのか?
遠くからはしっかり見えなかったが、逃げようともがいていた。
自然界も共存共栄とはいかないようだ。nara7.jpg

カイロ

今朝の冷え込みはただものでなかった。
足指の感覚がないのだ。
手指で触ったら、氷のように冷たい。
身体中が足から冷えてくる。
どこへも行く予定もないのに、朝から靴下用のカイロを貼った。ほっとした。
今冬初めての出来事だ。
sagii2.jpg

15日の氏神参りをして、スーパーへ行って榊を買う。
午後はいつもの健康の森参り。
青サギの飛翔が見られた。
夕方になって雑草が茂って来たので庭の草取りをした。
これがこたえたようだ。草との格闘でなんだか、つ・か・れ・た。

寒い

朝の雨と風に恐れをなして、今日のふれあいガーデンの作業はお休みした。
きっと休養のための雨だったのだろう。

掃除して絵手紙を描いて、写真を送ってくれた彼女にお礼を書いて出す。
nahana3.jpg

冷たい風が吹く中、今日だけの見学会に行く。
「有料老人ホーム」が近くに建って、12日にオープンの儀式があったらしい。
大勢の人が見学に来ていた。
ふれあいホールでバイオリンの合奏があってちょっとだけ聞いた。
入所するのに物凄い大金が必要とのパンフレットを見て、貧乏人は健康で居るしかないと思った。
自動車関連会社もいよいよ「老人・介護」産業に手を出した。

よく降る雨だ。
木の芽お越しの雨だが、私は冬眠したい。
太陽が無い日は寒い。
じっとしていたら食欲のみ旺盛になって、これではイカンと控える。
胃袋が活発に働くと四肢にまで血液が回らないようだ。
いや頭に回らないのが一番困る。

午後ふつか続きのボランティアをする。
余興が終わってコーヒーが出された。
メンバーは5人で、時給1000円ものお礼を頂いた。
こんな事は珍しい。
ここの老人施設は裕福のようだ。
「感想」用紙が出されたので、私がカッコいい事を書いた。
「利用者さんの反応がよかったので、やりがいがありました」

美濃和紙の里会館の和紙お雛様tani13.jpg

寒い?あったかい?

寒さばかりを感じる。
今日は暖かい一日だったのか?
まだカイロの世話になっている。
低温ヤケドに貼ったバンドエイドを友達に見せた。
汚いふとっ腹の上に絆創膏が2枚も。
「ここまでしないと寒くてやりきれないの・・」
低温ヤケドは暑くなく痛くない。
薄皮が一皮むけて痛みを感じるようになる。デイサービスでボランティア。
帰宅してスクールガード、6年生はあとわずかで卒業だ。
音楽室から卒業式に歌うのか「元気の出るうた・勇気を与えるうた」が聞こえてきた?
土筆を取ってきてtuku1.jpg
袴を取って茹でてフライパンで卵とじにした。
春の味はうまかった。

岐阜へ・・

コミュニティの社会見学に参加した。
47年に一度のご開帳の谷汲山・華厳寺と美濃和紙の里だった。
谷汲山は善男善女で溢れていた。
次はうだつの街並を歩いた。
美濃和紙会館では和紙漉き体験をした。
バスに乗る時間が長くて、疲れた。
午前8時発車で、帰宅は午後8時近かった。kono2.jpg

サンキュウ

今日は3月9日、サンキューの日だ。
息子の結婚記念日だが、何年目か忘れた。
曇ってはいたが、そんなに寒くはなかった。
今日も健森を歩く。
名も知らぬ小鳥がカメラに収まっていた。
ハクモクレンが咲き始めた。
遅咲きの梅の蕾が多かった。あと一息だ。
お昼は焼き芋一個ですませた。
柔らかくて甘くて満足!kono7.jpg

人恋しくて

ふたりだけの日々、高齢者同士だとこうなるのだ。
なるたけ社会と関わっていたい。
日曜日の公園は若い親子連れが多い。
見知らぬ人々と出会うことによって、若いエネルギーを貰い
また月曜日が始まる。
げんきの郷で春のイベントが催されていた。
美空ひばりづくしの郵便局へ勤めている男性。
「花笠道中」から「柔」まで、何曲歌ったかな?
ウクレレの彼女はオリジナルの曲を歌った。
みんな歌がうまいがトークも大したものだ。
帰宅して買い物にスーパーへ歩く。
それから小学校へさくら草を持って行って、寂しいプランターに植える。
根付いてくれるといいな!mira4.jpg

晴れたら風

午前9時、ふれあいガーデンの草取りに行く。
花苗を植えて、草取りをしたが風が冷たく震え上がった。
9名で労働のあと、おまけに大根とわけぎを貰って帰った。
午後健康の森を歩く。
カワセミを追っかけている男性が居たが、今日は姿を見せたのか?
緋かん桜、河津桜が見頃だ。
間もなく山へ帰るはずのメジロや雀が葦の枯れ茎で遊んでいた。
風に揺れる葦、それに飛びついて揺らしている鳥。
楽しそうだった。
小鳥も楽しい遊びを知っているのだ。anata7.jpg

ず~~っと雨が降っているような気がする。
3日も4日も5日だけ曇りで、今日は大雨。
涙雨か?
やっと勇気を出して、亡くなった友達のお宅へ電話をした。
電話に出たのはご主人で、お初だ。
何をどう言ったらいいのか・・それでも話は続いた。
「そこに居ないのに気づいて、ああ亡くなったのだと・・」
そんな状態の日々だと言う。
「せめて70歳までは生きたい」と日頃彼女は言っていたそうだ。
早いものでもうすぐ35日になるという。
「逝った人は速いですねえ。でもやりたい事をたくさんやれたから良かったです」
とのことだった。nanohana2.jpg

ふるさと

2日間、ふるさとへ帰省していた。
出掛けに「みぞれ」が降っていた。
ふるさとの山は雲に隠れて見えなかった。
夕方、ちょっとだけ見えたヤマナミは中腹あたりまで白かった。
雲の向こうで雪が降っていたのだ。
翌日の雨ですぐに解けたようだが、翌日も山は見えなかった。
寒い通夜・告別式だった。
帰りに駅のホームからやっと山が見えた。
私の青春が詰まった山はいつ見ても、いくら見てもいつも優しい。

今日は疲れてバドミントンは休んだ。
会費を納めに行ったら友達が噂していたそうだ。
「よっこさんはきっと犬が死んだか、親戚に不幸があったのだろう」と。
犬はまだ生きている。よぼよぼしながら生きている。nanohana4.jpg



ぬくかったり、寒かったり

こんな気候を三寒四温というのだろう。
今日は冷たい風が吹いた。
昨晩の名古屋駅前のビル風も冷たかったが・。
何もしない日?
今日は時間を気にしながら、感想文を書いて送った。
ガスコンロの火加減が強すぎたのか焦げ付いた。
ごった煮。
慌てて酒と味醂と湯を加えた。
自慢にならない煮物が出来上がった。
自慢できる料理は時間にゆとりがないと出来ないものだ。
30分ほどスクールガードした。
「わんちゃんは?」「生きているよ」
小学生との会話は元気になれsoo2.jpg
る。

つづく

今日で4回目のワークショップは終わった。
これでおわり。
ほっとした反面、何か寂しい。
誘われたわけではないが、参加した。そしてbiora3.jpg
ひとつの目指すものを体験したが。
つかめたかどうか?ま、いっか!
全てから逃げていた私にとっては、おおきな進歩だ。
最近は「いやいや」でなく、自らの「やりたい」で行動している。
ワークの仲間とのつきあいは続きそうだ。
次は遊びの場で会いましょう。

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード