FC2ブログ

Entries

日々更新

毎日おなじ事をしている。
しかし気持ちは変わる。
一瞬、一瞬・・変化している。
みつ池のカモたちは、いつも同じところで、羽根寄せ合っている。
木の下で太陽が届くところ。
木の葉もほぼ散った。
この冬をここで過ごすのだろうか?
ひとりでは寂しい。
何羽か群れている。
カワセミは見えない。どこかへ旅行中?
ゴーツートラベルで、混乱している。
「外出自粛」を要請されたが、どこまでどうなるのだろう?
「鳥インフル」も出て、大量殺処分されている。
それでも人間はそういう訳にはいかん。
せっせと買い物をして、せっせと食べる。
元気が出るかな?
太り過ぎるかもしれない。
午後は身体を動かせに行こうと、思っただけ。
ただ眠さと、しんどさにかこつけて、ちょっとだけ横になった。
(自粛をしなければならない)に、かこつけて、動かない。
ツタンカーメンの芽が出て、伸び始めた。
竹の支柱にネットを張って、さあいつでもどこまでも伸びてちょうだい。
今年もツタンカーメン王が食した豆を食べるぞ・・の心意気だ。
ついでに牛糞も入れた。
次第に成長が遅くなったピーマンを収穫して、煮る。
新鮮で柔らかくておいしい。

日々更新。
「明日は 土曜日 晴れるだろう ありがとう」kabo4.jpg



スポンサーサイト



やっぱり寒い

師走になって3日目。
やっぱり寒い。
のんびり行こうわが人生、わが老後。
そう思いながらも、どこかで焦っている。

ゆっくり生きようと、ふたりに手紙を出した。
昨日、喪中はがきが来た人とは、久しく会っていない。
義母がなくなったらしい。
想いが籠った文章に感心した。
このコロナの時代を「もっと孝行すればよかった」とは感動だ。
もう一通は同級生。
何をしているのか、元気かい?の便りだ。
コロナ感染者の多い地域に住んでいる。
同級会もままならない。

散歩の途中で貰ったかぼちゃ。
「おいしかったですか?」
「まだ飾ってあります」の返事で、今日味見した。
かぼちゃスープ。
北風ビュービューの中で、トーエネックの人たちが作業していた。
電柱より高い機械の上で、作業していた。
かなりの人数だった。
今日のポスティングに入っていた。
「交通指導員」募集の広告だ。
75歳までで「元気な人」と、ただし書きがあった。
あちこちの角に立って、道行く車の誘導をしていた。
今日の作業は寒かったろう。
すぐ近くに出来た「ハピネス ワーキング 農園」のバスも遠回りしていた、
この農園で何を作っているのか、さっぱり知らないが。
「かぼちゃスープ、おいしかったよ」
次回に会った時、あの人にお礼を言おう!
「さむかぜ 北風 働く人 ありがとう」kabo3.jpg


年末

師走二日目。
それにしても変化が多い。
水曜日の今日は、今年最後の「不燃ごみ」の日だった。
もう使わないだろう食器を思い切って出そうと思っていた。
だがすっかり忘れていた。
(もう、来年でもいいや!)になった。
早朝は寒い。
今朝も寝坊した。
この心身ともに疲労困憊のとき、休もうという下心があった。
コロナ情報だけで、疲れる。もうどうなってもいいと思うのに疲れる。

掃除して休憩して買い物に出る。
毎日変わり映えのしない日々だが、これでいいのだ。
買い物通りで知り合いに会った。
「今ね、美容院へカットしに行って来たのよ。料金は1200円。安いでしょ?」
そんな話から始まって、近くの眼科にかかったら、目の回りが腫れ上がったこと。
ご主人が夜になって玄関の鍵を掛けようとして、転んだこと。
大きなタンコブが出来て、手術までしたこと。
彼女は91歳、ご主人は93歳とのことで、何が起こっても不思議のない歳だと思った。
足元が危うくなってきたが、転ばないように気を付けよう!
スーパーでは年末の買い物客で混み合っていた。
買ったものをザックと、エコバックに入れて帰る。
買い物通りをゆくお母さん。
赤ちゃんを胸に抱いて、スマホをやっている。
「赤ちゃんを抱っこして、スマホに夢中で、前を見ていないけど・・大丈夫?
転ばないように気を付けてね!」
「はい、ありがとうございます」
若いのにちゃんと挨拶をした。
要らぬお節介をする婆さまにちゃんと挨拶をした。
感心、感心。
ラッキーと散歩に行ったら「おいで、おいで」をする爺様が居た。
近寄ってみたら、七本松の人だった。
ポケットからおやつを出して、くれた。
ラッキーは大喜びで食べて、最後に「ワン」だった。
たまにその近くですれ違う3人連れに会った。
おばあさんは、杖を頼りに歩いている。
孫ふたりは、両側で見守っている。
あら、と気づいたのはいつも一緒だったワンちゃん。
足が立たなくなって、ふたり係で散歩に連れ出していた。
「あら、わんちゃんは亡くなったの?」
「はい、先週亡くなりました」
最後までよく面倒を見ていた兄と妹に頭が下がる。
もう少し前進した苅田にアオサギが立ち尽くしていた。
ラッキーを抱え上げて、見せたが・・見たか?どうか?
そのうちに広い羽根を広げて、アオサギは飛び立った。
また明日!!
「菜園の 小松菜 新鮮で おいしかった ありがとう」reesu1.jpg



風が冷たい

bwahana30.jpg
今冬いちばんの冷え込みだったらしい。
背筋がぞくぞくするので、カイロを貼った。
これからカイロ頼りの日々が始まる。
師走になった。
「大掃除の季節です」私には関係ない。
おおそうじして疲れ果てても、困ってしまう。
日々の営みを少しずつやっていくだけ。
火曜日の午前中は、手紙を書いた。
昨日貰った緑の封書。
私は花柄の封筒に入れて出した。
忘れないように84円切手を確認する。
その足で、3か所お店を回った。
薬局では、ラッキーのドッグフードと私のカイロを買う。
2軒目では欲しかった厚手の靴下を買う。
それと散歩用の赤いコート。
安物だが、風よけにはなる。
スーパーで、食料品を買う。
(さむっ!!)
冷房がよく効いている。
客が少ない。
店内で、お昼の時報を聞いた。
帰宅したら、午後1時をとっくに回っていた。
お店を3軒もはしごすると、思わぬ時間を食ってしまった。
店を出てると前の道路を三々五々と人が行く。
もう少し向こうにある「安全技術衛生センター」の試験日らしい。
この資格を持っていないと、職場で不利になるようだ。
「のんびりむら」の横の細道を自転車で帰った。
角の広場にあるプランターには、紅白の葉ボタンが行儀よく並んでいた。
誰が植え付けたのだろう?
今日から12月。
もうすぐ正月だ。

そうそう、今日は「たい焼き君」を買った。
スーパーの冷凍庫の中にあった。
「はちみつが餡に入っています」と記している。
うちの「たい焼き器」のと、スーパーの味を見てみよう!
夕方、雨戸を閉める時、落日に間に合わない。
今日も夕闇迫る風景だった。
「市民館の ポストに 投函 田舎には2日後かな ありがとう」

go to トラベル

3週間、コロナを収束するために我慢しよう。
日々、感染者が増加している。
ニュースを見たく、聞きたくないのに・・傾けている眼と耳。
マスクをして、換気をして、密を避ける。
友達から便りが来た。
「ゴーツートラベルて、温泉へ行くのよ」
4人部屋だと割安になるからと、申し込んでいた。
ところが、今日の便りでは「やめ」になったと記していた。
ひとりの婆ちゃんが、孫から言われたそうだ。
「婆ちゃん、帰っても2週間はうちへ来ないでね!」
婆ちゃんは、即座にキャンセルした。
コロナをお土産に持って帰って、孫に会えないのは哀しい。
それで4人婆ちゃんの 旅行はヤメになった。
「それて゜もね、是から先は歳を取るばかりだし、いつコロナが
なくなるかもわからないし。
旅行にも行けないし、友達にも会えなくなる」
私のように「ネガティブ」になっている。
明るい活発な彼女が、私にこぼす。
私は欲が無いのて、活発にもなれない。
今日は北風が冷たかった。
寒い時はこれがいい・・材料を買って来て、午後とりかかる。
「おでん」
ちょっと食べ過ぎた。
家に籠っていると、口さみしくてチョコを食べている。しょっちゅう。
虫歯になるかも?
寒気が背筋を走る。
「今夜も 十五や お月さん 明るいね ありがとう」se3.jpg

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード