FC2ブログ

Entries

大雨

恐れをなして、籠っていた。
外が暗くなってきて、かなり降った。
「カーテンを洗うのにいい季節」とか言っていたが、快晴が続かない。
今年も見送りになりそうだ。
波浪、大雨注意報がやがて警報になった。
ひと雨降って、小降りになった。
散歩を兼ねての買い物に出た。
向こうの空に怪しい黒雲がある。
以外と早くに雨がやって来た。
先日「雨宿り」させて貰った車庫のあたり。
今日は雨宿りせずに急いだ。
私の仕事は買い物と食事の支度。
今夜の献立は昨日から頭にあった。
昨日はネギが安かったので、それを使うことにしていた。
「衣笠丼」
超簡単でおいしい。栄養もあり過ぎ。
帰り道は、知り合いの人と一緒になったので、話ながら帰った。
彼女は国勢調査に関わっているらしい。
島根の母親は施設に入っているが、コロナのせいでなかなか会いにいけないとか?
高齢も喜んでばかりは居られない。
今年になって世の中は変わった。
「密」にならないように、大勢でお喋りも出来にくい。
これでは人と親密になれない。
なんだか、世の中寒々しい。
少し本を読んでいたら「おまかせ」の言葉に出会った。
努力してもどうにもならない事には「おまかせ」する。
きっと肩の荷が少しは軽くなるかも?
ラッキーとの散歩の時、毎日出会う鳥たち。
「シラサギ」「アオサギ」が仲良く一緒にいる。
まるで私を待っていたかのように、飛び立って旋回する。
「しろちゃん!」「あおちゃん」
私の声が聞こえるのか、飛び立っても遠くへは行かない。
今日は「けり」の家族連れも居た。
自然がいっぱいあって、好きな散歩道だ。
散歩から帰って、一仕事した。
雨で湿った地面に穴を掘って、ゴーヤの蔓やボカシを埋めた。
一仕事は歳取れば、大仕事になる。car24.jpg

「今日も 一日 暮れた  ありがとう」
スポンサーサイト



引っ越し

長い間、改装工事をやっていた隣の隣。
今日が引っ越しだった。
若いご夫婦と子供がひとり。
まだ完成しないうちに時々やって来て、庭の草取りなどしていた。
みんなおお年寄りになってしまったこの地区で、子供の声にほっとする。
この家に以前に住んでいた家族は、どこへ行ったのだろう。
いろいろと事情があったらしいが。
0123の大きな引っ越し用のトラックが来ていた。
夜になって「あかり」を見に行ったら、確かに人間が住んでいる。
最近は南吉の童話を読んでいたら、まっこと不思議な世界に誘われる。
空想の世界にはいれる。
しかし今日の引っ越しは現実で事実だ。

「眼底検査」を受けるようにと、かかりつけ医が書類を書いた。
実は行きたくないのだ。
体内の血流は眼だけからしか見られないとか、書いてあった。
かかりつけ医の指示に従わなかったら、かかりつけ医になって貰えないかも?
「善は急げ」と、9時開業の眼科に電話した。
ところが、予約で混んでいますから、一か月後にして下さい。とのこと。
思い切って、ぐうたらの私には珍しく、即の行動だったが、早すぎた。
昨日の今日だもんな。
予定が空白になった。
眼科に行けば、瞳孔を開けるのだろうから、しばらくは見えにくい。
検査の予約は来月の半ばになった。
検査は無料だが、治療を要する場合には自分で支払う。
(もう、悪いとこ探し)いいんだけどな。
今日は真夏日で暑かった。
「台風は 温帯低気圧に しかし雨が降る ありがとう」chary24.jpg

診査

後期高齢者の用紙に書き込みをしてかかりつけ医、へ持って行った。
どこも痛いところが無いのに、もういいのに・・・パスしようという気もあった。
今日はかかりつけ医での点検の日だった。
「診査を受ける人は前夜9時から、飲まず食わず、当日は朝食を食べずに」
そんな小さな約束事を守って、腹ぺこで出かけた。
いつも服用している食後の薬も飲まずに出かけた。
ところが医院は人でいっぱいで、立って待っている人もいた。
みんなマスクをしている。
健康診査を受けに来た人が多かった。
「混んでいるので、診査はまたの日に来ます。いつもの診察と薬だけで・・」
「まあ、また・・は、なかなかですから、ついでにやって行きなさい。
看護師さんの強引につられて、診査も受けることになった。
しかし長時間待った。
お年寄りが多くて、夫婦連れが多かった。
みんなそれなりに弱っている。
杖をついて歩いている人。2本杖の人も居た。
やっと呼ばれて、予審室で身長から始まった。
体重は40キロ足らず。
血圧・採血・心電図。
やっと詠子先生との会話、受診。
「しっかり動いていますよ」
聴診器で前後の血流を診察して、そういわれた。
「ほどほどで、いいんですけど・・」と小声で言った。
会計をして、薬を貰って帰る。
なんだか、空腹過ぎて、自分を見失ってしまいそうな一瞬があった。
帰宅したらもう正午過ぎ。
今朝たべなかった、炊き込みごはんとみそ汁と、ゴーヤの漬物で
やっと生きた心地がした。
一年に一度の健康診査は疲れる。
もう来年から受けるのをよそうか?
「3時だ ラッキーとの 散歩の時間だine21.jpg
 ありがとう」

何もなし

4連休は終わった。
テレビで人出を見ていたら「密」じゃないか!
まだ家で自粛している高齢者。
「高齢者がコロナに感染すると、苦しみながら死んでいくのだぞ」
地獄の苦しみを味わうのだって!
若者は家族を連れて、実家へ。
観光地へ。
私は何の予定もなく、ただひたすら・・日常茶飯事をやっていく。
義姉に電話して、元気を確かめる。
「お彼岸だけど、お参りには行かないからね!」
車がなくなって、ほんとうに不便になった。
これでは、病気にもオチオチなれない。
やっぱり「ぴんぴんころり」を目指そう。
歩いて買い物に行くようにしよう。
ラッキーとの散歩は欠かせない。
〆て8000歩くらいかな?
頭の脳みそが腐っていくのがわかる。
「銀杏葉エキスがいい」と、宣伝している。
騙されたと思って、買ってみようか?
彼岸花があちこちで咲くようになった。
明日の「ふみの日」用の絵手紙画材は彼岸花だ。
去年もそうだったような気がする。
「さあさあ かけ声だけ ありがとう」akapeeman21.jpg

あるこ

一段落して、休憩していたら、眠気に襲われた。
もうこれで何度目だろう?
うとっとした瞬間にもう「覆水盆に返らず」だ。
コーヒーが衣類を濡らし、新聞はべたべたになり、床にこぼれたのは、
ラッキーが綺麗に舐めてくれた。
こんな事していたら、筋肉も神経も駄目になってしまう。
気を取り直して「奥池公園」へ行く。
いつもきれいに手入れされている花壇をしみじみと見る。
この暑かった夏を乗り切るには、随分人手がかかったろう。
花は生き生き咲いていたが、さつきの木は殆ど枯れていた。
公園をゆっくり一周した。
若い女性も中年の男性も、私が一周する間に何度も追い抜いた。
(まあ、元気だこと。若いって素晴らしい)
久しぶりの公園だった。
帰りはスーパーで買い物した。
今日は何の日?「敬老の日」
市からと自治会から「お祝い」を貰った。
超簡単な「赤飯」を炊いた。
昔は小豆を似て、餅米を水に浸して、蒸していた。
最近は何事も便利になったが、そのぶん頭の回転が悪くなった。
日暮れが早くなって、気ぜわしい。
今日は自転車で走ったので、万歩計の歩数は少ない。
「公園は 人が少なくて 密は 関係なかった ありがとう」okuikekadan21.jpg

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード