FC2ブログ

Latest Entries

日曜日

今日は日曜日だよ、と言い聞かせる自分に。
昨日、出かけたので、なんだか今日が月曜日の感覚だ。
私の自覚が足りなくなって、感覚も鈍った。
連れ合いが「今日は豆腐やさんが来なかったぞ」と言う。
月曜日の夕方、トーフ―とやって来る。
その時刻に犬と散歩中なので、連れ合いが買う。
(ボケたのかな?)ドキッとする。
冗談にしては、真剣な口調だ。
「今日は日曜日だよ」

老いたれば、疲れるものだ。
たったの数時間のお出かけなのに「疲れた」
時間がフル活動している。
私は怪我しないように、足元を見ながら、ゆっくり歩く。
それにしても都会人はなんと、セカセカ足が速いのだろう?
人にぶつからないように、迷路のような箇所を徘徊しながら、目的地へ行く。
あー、街中は嫌だと、つくづく思う。
午後はボンジョルノへ100円コーヒーを飲みに行く。
喫茶の開店時間より遅れて行ったら「今日はよっこさん来ないけど
どうしたのだろう?」
みんな心配していたそうだ。
常連の私が居ないと、心配してくれる、ありがたい事だ。
80歳以上の人が多い。
仕方ないが、繰り返し同じことを言い、聞く。
やがて私もそうなるだろう。
ご主人を亡くして、まるまる太った人は90歳。
とても元気で、かくしゃくとしている。
「グランドゴルフの大会は23日だったかねえ?」
閉店時間より早く「さよなら」した。
「犬の散歩があるから・・・」と。
世話役の人の片付け時間を頭に入れている。
ラッキーと散歩。
あちらこちらの田圃で田植えが始まっていた。
世代交代なのか、今年の田植えは若い人達でやっていた。
「東、向いて、太陽を拝んで西向いたら、もう陽が沈んでいる」と、ぼやいていたご主人。
もう息子達に家督を譲ったのだろう?
若い家族に声をかけられなかった。
田圃の横の農道では蛇が、もがいていた。
草刈りをしていたので、草刈り機で切られたのだろう。
蛇を意図して切ったのか、知らずに蛇が切られたのか、定かではない。
よくよく見たら、腹のあたりが赤っぼい。
「マムシ?」「毒蛇?」
半分に切られた蛇は、もがいていた、命はまだあったが・・。
これから蛇との遭遇も多くなるだろう。
なにせ、散歩道は田圃の中の道だから。
蛇は強い生き物だと感じた。「マムシ酒」は、よく効く。
「暑いような 爽やかな時もあり ありがとう」biwa2.jpg

スポンサーサイト

今日は・・

都会に久しぶりに出た婆さんは疲れた。
人の多い事!
建物が増えて、目印がなくなったこと!
金山駅に下り立った瞬間、異次元の世界に居た。
私の都会行きは、いつも同じコースを、そそくさと行って帰るだけのお出かけなのだ。
土曜日とあって街は人間で溢れていた。
そんな中、強風が吹き抜けて行く。
なんと気持ちいい風だろう。
地下鉄で栄へ行ったが、いつものところに出ようとしたが・・迷ってしまった。
たかが栄、されど栄だった。
結局人通りがないが、案内嬢が居たので聞いた。
「ここは地下2階ですよ。そこのエスカレーターを登って行って下さい」
動く階段で助かったが、これが歩く階段だったら大変なメに会うところだった。
新しい道がたくさん出来ていて、いつもの所を歩くつもりが全然
違うとこを歩いていた。
そして栄にある「書道」の店へ・・。
画仙紙ハガキが欲しかったのだ。全部、使い果たして100円しょっぷのハガキ
を使っていた。
滲みがないので面白くない。
そこでひと箱、画仙紙ハガキを買った。
たったひと箱のハガキのせいか、男店員は無愛想だった。
新栄の目的地へは午後1時前に着。
今日は「お話を聴く会」があった。
真っ赤の服を着た講師が、ゼスチャーを織り交ぜながら素晴らしい
お話をした。
あと、質疑応答。3時間の講和だった。
時間が足りなかったが、またの機会もあるだろう。
すごくエネルギッシュな女性で、てきぱきと質問に答えた。
赤い服から溢れ出すような元気を、聴衆に与えた。
ありがとうございました。
彼女も私もまだ若いから、また会えるような気がする。
お疲れ様でした。
スタッフのみなさま、お疲れ様でした。
「何よりの ご馳走は 会話 ありがとう」  バンマツリshiro1.jpg

つどい

後期高齢者が、2025年を境にどっと増えるらしい。
体力・気力は個性があって、それぞれだと思う。
「生かされているいのち」と言いながら「認知症を減らす」ことにこれから取り組むらしい。
矛盾している。
数年前からあちこちに増えた「サロン」
そこの「つどい」が今日あった。
認知症予防のための「楽しみ」をみんなでやっていく。
「今日は仏画をお持ちしました。ぬり絵です」
社協の彼女が丁寧に説明する。
仏画が2枚、配布された。
薄い印刷の仏画をなぞって、色を付ける。
線が細くて見づらい。
どこかのサロンて゜やって、好評だったらしい。
「仏教・仏像」の説明と写真が載った本を持ってきていた。
その説明文を音読して、聞かせてくれる人。
「五劫」の気が遠くなりそうな長い間、考え続けて頭が、でかくなった
「五劫思ユイ阿弥陀仏」と「虚空蔵菩薩半跏像」の2枚が仕上がった。
絵手紙の要領で、ごく簡単に仕上げた。
他の人は大まじめに取り組んで、丁寧にやるので
時間切れとなった。
「塗り残しのある人は、自宅で仕上げて下さい」

2枚の仏画をどうしよう?
壁に貼って、見守って貰おう!
一生懸命は疲れる。
午後は卓球に行くつもりだったが、身体が動かなかった。
「今日は 仏画と 出会った ありがとう」shiro2.jpg

五月晴れ

5月も半ばを過ぎた。
今日の風は爽やかだった。
木曜日の午前。
窓を開けて、新聞を開く。
暗いニュースが多い。
買い物に出る。
今日は忘れないように、メモをして行った。
沢山の品目を頭に書くだけでは、無理になった。
メモしものを財布に入れて、出かける。
暑くなりそうなので、早めに出かけた。
いつもと様子が違う。
出会う人、いつもの顔と違う。
店内で品定めをしている人も、知らない人ばかり。
自転車のハンドルがふらつくほどの買い物をした。
「お気をつけて!」後ろから友達が言った。
ああ、私もそう言われる程の年齢になったのかと・・つくづく思う。
Nさんチの花壇に見とれて、いつもそこで立ち止まる。
「持って帰るか?」「うん、頂戴!」
絵手紙用にと、かすみ草・スターチス・クロタネ草をもらった。
彼は花苗は買わず、殆ど実生から育てる。
「安上がりだから」といつも笑って言う。
「あ!」嬉しいことに蒔いた種が芽を出した。
なかなか芽出ししなかった「ゴーヤ」だ。
夕方、散歩から帰ってラッキーの洗濯をした。
犬臭かったのが、いい香りの犬になった。
「おりこうさんでした ありがとう」sanae2.jpg

 快晴

昨日の豪雨は嘘のように晴れた。

この時ぞとばかりに洗濯物は満艦飾。
ラッキーを美容室へ連れて行こうと、電話したら・・駄目だった。
「今日は一人でやって居るし、ただ今7匹も居ます。様子を見てまた電話します」
一日、その折り返し電話を待った。
買い物にも出かけないで。
電話が来たのは夕方だった。
「予約が詰まっていますので、30日になります」
「え~っ」
今日のうちに長くなった毛をカットして貰おうと思っていたのに。
毛が伸びすぎて、可愛い眼が見えない。
ラッキーにしても、私の顔が見にくいだろう?
あと半月も待たないと、駄目なのか?
自宅にラッキー専用のバリカンがあるが、頭の部分は怖い。
一度、耳を切って大変な目に合わせた。
これで眼に怪我をさせたら、もっと可愛そう。
それで極力、専門士にお任せになったのだが、予約が半月も向こうではなあ!
予定は狂った。
昨夜は、連れ合いの頭を刈った。日記を見たら、50日ぶりの床屋だった。
なんだかんだと、文句の多い客だが、早くて綺麗な仕上げに満足だろう?
大雨が降って、太陽がかんかん照って・・芽が出ない。
毎日、蒔いた種が芽を出すのを眺めている。
これが今の愉しみ。
「時々 便りあり 閉めは ごきげんよう ありがとう」sion3.jpg



Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード