FC2ブログ

Latest Entries

雨も止んで、洗濯物が満艦飾になった。
少し強い風も吹いて、洗濯日和。
お米を買うので、自転車で買い物に行った。
帰りは歩く。
大島サクラが満開だ。

午後は卓球に行った。
いつもの仲間は性格もわかるので、話易い。
「うんうん、そうだね」で、すませることが出来る。
おとなしい人が無難だ。
その人が居ない時に、おおいにその人の噂をする人には気を付ける。
黙って聞いていて、相槌を打つのみ。

卓球から帰宅して「ふみの日」便りの絵手紙を描く。
一枚だけ「大根の花」を描いた。
もう薹が立って、花が咲いている。
大根はもう食べられない。
大根は、周りながら育つと聞いて、シルシを付けた。
しかしシルシは全然動いていてない。
本当なのかなあ?
ぐるぐる周りながら、地中に深く潜っていくというのは。
チューリップの花が開花した。
どれも赤ばかり。
さあ、明日投函出来るように準備しよう。
それにしても気温はぐっと下がった。
予報通りだ。
また冬に戻った。
さくら開花の報道が、あちこちから聞こえる。
それにしても寒いなあ!
「チューリップも やっと開花で 震えあがっている ありがとう」sotu4.jpg

スポンサーサイト

春彼岸の中日。
朝から雨だった。
日章旗を昨夜から準備していたが、早朝に出せなかった。
雨が降るので、窓を閉めたまま掃除機をかけた。
ラッキーの細い毛がいっぱい吸い込まれていく。
私の白髪も同程度の量かな?
昨日の余韻に浸っている。
11時頃になってやっと雨は止んだ。
日の丸を出す。
洗濯物を干す。
買い物に歩く。
土手の道で友達に会った。
「今日はね、お彼岸だから花を買って来たのよ。
お墓詣りに行こうと思って・・」
「そうだね、お彼岸だったのね」
彼女の息子は4年前に亡くなった。
我が息子とは仲良しで、よくマージャンを懲りもせずにやって居た。
息子の墓参りに行く親の心。
「自分が墓に入るような歳になって、墓参りもないだろう?」
連れ合いはよくそう言う。
故郷の墓もこちらの墓も遠くなった。
生き仏様は元気にしているかな?
あちらの世界も楽しいそうだから、一度見学に行ってみようかな?
何もしないのも心苦しいので「ぼた餅」を作った。
小豆がうまく煮えなくて、芯のあるあんこが出来た。
そう言えば、いつだったか以前に作った時は「できあい」の餡を買った。
もう一度、挑戦するか?もう諦めるか?
「彼岸 此岸 ぼたもち ありがとう」   大根の花 シルシに変化なしyuki3.jpg
yuki4.jpg

卒業式

今日は小学校の卒業式だった。
小学生に関係者は居ない。
あえて数えたら、みんなは私の友達?孫以上の関係だ。
彼等は白髪になった私を覚えて居るかどうか?
それで「おめでとう」を言いたくて、式が終わった頃に出かけた。
学校から校歌が聞こえてくる。
しまった、一足遅かった。
♪東海の 空高らかに・・
さくらはまだ堅い蕾。
そのさくらトンネルを通って、校旗が歩いてくる。
最前列の校長先生が「あ、よっこさん」と声をあげた。
きっと驚いたのだろう。
真っ白い頭は、私のシンボルですぐにわかる。
卒業した6年生が親と歩いて来る。
カメラのシャッターチャンスが間に合わない。
卒業生の列は、校門でストップした。
そこで友達同士、親と、先生と・・カメラに収まっていた。
手入れした花壇の花は満開で、卒業を祝っているかのようだった。
在校生も下校していく。
快晴で暖かくて、卒業式日和だった。

帰宅して、自転車で買い物に走った。
途中で出会った人が「どうしたの?自転車で・・」
「うん、今日はちょっと遅くなったので・・」

ラッキーとの散歩で、小学校校庭を通った。
大きな行事か終わった先生は、明日は祝日でお休み。
明後日は3学期最後の日。
ほっとしている先生や、転校・退職の先生も居て、3・4月も忙しくなりそう!

「学校支援で みんなに出会った ありがとう」sotu1.jpg

彼岸に入っても

まだ寒い。
昨日の午後は花壇で太陽を一杯うけた。
花壇作業は楽しい。
日光から元気を貰える。
今日は三寒の日だった。
朝から冷え込む。
お腹の調子が悪くて、カイロを入れる。
最近のカイロはあまり暖まらない。
暖まり過ぎて、低温やけどをしないように、配慮されているのか?
冷血動物の私の身体は冷たすぎるのか?
午前9時をすぎても、まだ迷っていた。
どっちにしようか?
「身はひとつだに、泣きぞ哀しき」
「お喋りカフェ」と「終活」の話が同時刻だ。
昨日から迷って困って悩んで居た。
友達にも相談した。
「そりゃあ、終活なんて話聞くより、お喋りの方が楽しいよ」と言う人と
「終活の話が大事だよ。これから遺産相続の事もあるだろうし・・」
そして時間ぎりぎり10時前にやっと決断した。
(今を楽しく生きよう!どうせなるようにしかならないのだから・・)
終活の話は、サロンをやっている館長から誘われたものだ。
生協病院の弁護士をやっている人が講師だと聞いた。
同時刻では楽しい方がいい。
そして市民館の「お喋りカフェ」に行った。
受け付けで、コーヒーと菓子パン代200円を支払う。
(あら、いつもの人ではないわ)と、気づいていたが。
お喋りをしているうちに彼女の事が話題にのぼった。
「白血病で亡くなったのよ」
先月はお喋りカフェに行けなかった。
1月にはお会いしたような気がする。
「いろんな事をやっていた人で、人にも教えたりしていた人がねえ。
2ヶ月で逝ってしまうなんて・・」
いつも受付に立って、きりっとした姿で人に接していた。
終活どころではなかったろう。
ここのカフェは大人気で、いつも満席である。
バンを焼いている友達は「今日は100個も焼いたのよ」と、言って居た。
今日の菓子パンもおいしかった。
3人で焼いたらしい。昨日は下準備して。
ありがとうございます。
「いつ何があるかもわからない。今を楽しく生きましょう」
皆の合言葉のようになった。
「私、今おちこんでいるのよ」という人にも笑いがあって良かった。
雨が降りそうで、たまに降っただけで寒い日だった。
太陽の有り難さが身にしみる。
明日は暖かくなりそうだ。
「あるがままに ありのままに oku3.jpg
ありがとう」

風の寒さよ~

今朝の気温も、眼がさめそうに寒かった。
「春は名のみ」だ。
午後の予定があったので、いつもより早く動いた。

午後は小学校の花壇の手入れ。
明後日、6年生は卒業していく。
卒業式に、綺麗な花壇を見て去って行って貰いたい。
草と花柄を摘んで、立派になった。
「今年も最優秀賞花壇だね」
卒業生の目の奥にこの花壇が焼きつくといいけどな。
作業する仲間は花壇コンクールの賞を狙っている。
なんだかんだと言いながらも、手は動く。
「休憩して下さい」という先生に「先生、休憩したらもう動けなくなります・・」
お茶の準備をしてくれていた。
先生も卒業式まじかなので、お忙しいのに雑談に加わった。
先回の作業が終わった時、校庭で収穫した「夏みかん」を貰って帰った。
若いお母さんと、私がピールを持って行った。
「こんなんが出来ました!」
お互いのピールをみんなに賞味して貰った。
来年もどっさり夏みかんが生るといいなあ!
3月末、年度末に先生の移動がある。
それとなく「水」を挿すが、先生の口は堅い。
もう転任先は決まっているだろうが「新聞の発表」で、しかわからない。
いろんな話に花が咲いて、帰宅したら風が冷たくなっていた。
「今日も 元気に ありがとう」inu1.jpg

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード