FC2ブログ

Latest Entries

暮れた

2021,年1月は過ぎた。
今日は1月31日の夜。困ったことは、時代の変遷は早すぎて
「置いてけぼり」になった。
ひとり、掘りに置いて行かれた、寂しい。
もう過去はどんなによかっても戻っては来ない。
しかし新しいことには、挑戦出来ない。

あしたから2月になる。
スーパーで「恵方巻」の材料を探している人が居た。
「これでいいわよね?」
まぐろの長い刺身を持っていた。
私は今年は人が作ったものを買うつもりだ。
節分に撒く「炒り豆」は勝ってある。

友達から封書の便りを貰って、置いて在る。もう10日になる。
しかし気になる。
返事とまではいかないが、風の便りを出そうと頑張った。
便箋に3枚、頑張った。
お互いに「今年80のお婆さん」だ。
不要不急の外出禁止。自粛せよ。
それでは、収束するまで、どこへも行けない、会えないってことだ。
「元気で居てね!」
乱れた文字・間違えた文章をなんとか解読してもらいたい。

今日は昨日より少し、暖かだった。
「足が重い 大根を貰った ありがとう」aosora31.jpg
スポンサーサイト



雨降り

一日、飽きもせず降った雨は、夜になっても降り続いている。
「今日は荒れ模様」と言っていたが。
雨の日は、ほっと一息つける。
花に水を与えなくてもいい。
プランターの花は、水を欲しがる。
そろそろ植え替え時かも?
菜園を片付けて、次の種蒔きをしたい。
次は「ゴーヤ」かな?店頭で値段を見ると、まだ高価だ。
今は小松菜と、大根の花が咲いている。
種を収穫する気はないので、花を眺めている。
黄色と白の花は、行儀悪く、咲いている。
ツタンカーメンの実もなっている。
今年も一度くらいは「ツタンカーメン豌豆」のご飯、を食べたい。
今朝、ラジオがツタンカーメン王の話をしていた。
世の中、社会で次々と問題が起きている。
それを解決していくのも、大変なことだ。
「雨音に 癒されている 今日 ありがとう」simokuren.jpg




四月

私の頭の中は三月だ。
暑かったり、寒かったりで、季節に対応できない。
買い物で出会う人も変わった。
車で来る人は若い人か、ご主人とご一緒。
私は今日は自転車で走った。
重いものを買った。
お米とトイレットペーパー。
そして今日の食事に食べたい物。
「自分の好きなものを買って、おいしく食べるのが何よりの健康法だよ」
義姉の元気の源が、教えてくれた。
確かに義姉は元気だ。くよくよしない。
お米5キロはかなり重い。
自転車の荷台に積んで、歩く。
帰り着いたら、肩の荷が下りて・・・力が抜ける。
これが私の仕事。
する事が無くなったら、生きる屍だ。

午後はテレビの音を聞きながら、30分ほどウトウトする。
絵手紙を貰った人に返信を書く。
心なしか、この人、文章が明るくなった。
絵も明るい色使いで、明るい未来が見える。
気になっていたが、やっと返信を書いて、投函出来た。
今日、やったこと。

ラッキーとの散歩の時、散歩道の近くに住む彼女に会った。
背が高くボーイッシュなので「男性」かと、見間違えていた。
近くになって「こんにちわ」と、声かけられて・・ああ、女性だったのだと気づく。
先日は「あ~あ、ストレスだらけ・・」だった。
今日は「犬を飼ってみたら?」と、私が言った。
「あなた、まだ70歳でしょ?まだ10年は大丈夫!
私は80歳だよ。また歩けるもの・・」
「でもね、足が思うように動いてくれない!」
高齢になって、犬や猫を飼う人が増えているらしい。
ラッキーが我が家へ来て、8年。
まだ大丈夫だよ。
「元気者のラッキー 我が家で一番若くて 元気 ありがとう」gakkosiro10.jpg



また日曜日

日曜日が過ぎたと思ったら、また日曜日が巡って来た。
少々、つかれ気味の連れ合いは「月曜日だ」と、言い張る。
今日は日曜日です。
「音楽の泉」も「山カフェ」もありました。
毎日が日曜日だと、分からなくなってしまう。
ましてや80過ぎた爺婆だ。
「むかし・・むかし・・あるところに・・」お爺さんとお婆さんが住んでいました。
「ここに今もまだ住んでいます」

日曜日の午前中、人の声が聞きたくて、電話を掛ける。
3.人に。
ふたりは留守で、ひとりだけ出た。
かなりの長話になった。
この人は話好きなのだ。
いつまでも喋っている。
「私より先に逝かないでね」義姉だ。
このセリフがよく出る。
よく食べて、よく喋って、よく寝る。
これが彼女の健康法だ。

友達から「たけのこ」を貰った。
ちゃんと茹でてあって、味付けしたらすぐに食べられる状態。
「ありがたいわあ」と、先に手が出ている。
今夜は「若竹煮」にした。
沢山貰ったので、次は何にしよう?
彼女は一週間、スケジュールで詰まっている。
「ボケない様に・・」
私は毎日、予定がない。
今更、予定を立てるのも億劫だ。
かと言って、やりたい事もなし。
とにかく「コロナ」が、落ち着くまで、あせらないで待って居よう。
そのうちに、向こうからやって来るだろう。
夕方になって、庭の草を抜いた。
プランターに花の植え替えをした。
これで、今日は一段落。

「お喋りして 少し 心が 軽くなった ありがとう」rira10.jpg




晴れの日

朝は寒かった。
季節が変わると、お天道様も移動する。
つい先日まで、差し込んでいた太陽が、差し込まなくなった。
差し込んでも、深く長くはならなくなった。
洗濯物を干しながら、草を取る。
気になるほど、あっという間に草は茂って大きく広く蔓延る。
いちにち太陽の下に置くと、干されて、少しになった。
一度にやると疲れるので、少しずつ。
庭の隅のヤマブキの花は満開だ。
いつまで見ていても飽きない。
元気な花である。
「七重八重  花は咲けども ヤマブキの みのひとつだに 泣きぞ哀しき」
黄色い花は見飽きない。
チューリップは散った。
また来年!
なんだか、ヤケクソだ。
コロナの収束も、まだまだらしい。
隣との境にあるブロック塀。
よく見れば、もう枯れたと諦めていた「山椒」の木から芽が出ている。
あの場所に植えてから、もう何年になるだろう?
「山椒の実を、収穫したい」一心で数年前に植えたものだ。
暖かいので、草も花もよく育つ。
自然は偉大だ。  ボタン
botan10.jpg

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード