FC2ブログ

Latest Entries

28日金曜日

あと一日ある。
今年の2月は一日多い。
得したような損したような変な気分だ。
この今年の2月28日を有意義に過ごせたか?
新型コロナウイルスで、世界中は大騒ぎしている。
終息を待つしかない。
安倍首相が言った。
「終息するまで、学校の休業を要請します」
あれよ、あれよと言っている間に事は運んだ。
それで、今日は3学期の終業式になったようだ。
学年最後の日で、小学生も中学生も持ちきれないほどの荷物を持って
帰っていた。
何度も途中休憩しながら少しずつ前進下校していた。
たまたま下校時に出会ったので「大変だね」になった。
小学生に聞いた。
「学校へ行っている方がいい。
どこへも出られないし・・」だった。
北海道は「非常事態宣言」をした。
午後は(閉鎖かな?)と、思いつつ、市民館へ行った。
ところが「同好会」はよかった。
卓球のように好きで参加し、楽しんでいる輩は使用してもいい。
「来週も卓球に来るのだよ!」
「卓球しているような元気な人には、ウィルスも寄り付かないだろう」
「家でストレスを貯めるより、お喋りしましょ」なのだ。
元気なお爺さん・お婆さん達は「寒い、寒い」と言いながらも卓球で身体をほぐした。

スーパーに行ったら、桃の花が目に止まった。
そうだ、大騒ぎをしているが「ひなまつり」はもうすぐだ。
せめて「♪お花を あげましょ 桃の花」と、歌いたい。
不要・不急の外出を控えるために「お米」も買い込んだ。

明日は土曜日。
あれからもう1週間になる。
先週の土曜日は「マンダラ」の話があった。
「マンダラに生きる」番組。
「胎蔵マンダラ」「金剛界曼荼羅」
むつかしい内容だが、マンダラの世界に入りたいものだ。
「曇って 寒くなって 芯から冷える まだ冬8sidare27.jpg
 ありがとう」

スポンサーサイト



風の寒さよ~

立春~早春賦へとは、なかなかスムースに行かず。
今日は冷たい北風が吹いた。
今日は27日の木曜日だよ、と言い聞かせる。
とりあえず今日の予定をカレンダーで確かめる。
何の予定も無い日。
こんな日はのんびりした気分になるが、だらけてしまう。
(ま、いっか!)と、昼寝もする。
風は冷たくても、ガラス超しの太陽は暖かい。ありがたいほど暖かい。

「このマスク作ってもらったのよ」
かっこいいマスクをしている友人。
マスクをしている人の顔は見づらくて、一瞬?と誰だか推理する。
当たったら、まだ私の勘は大丈夫だと安心する。
マスクの品不足で、ドラッグストアでは「売り切れ」の札が立っていた。
テレビで「マスクの作り方」をやっていたらしい。
「お店の中で、コンコンとかハクションをしたら白い眼で見られるから・・
それに私自身の防衛にもなるから・・」
友達はそう言っていたが、私はどうもマスクをすると息苦しくてかないません!

かかりつけ医から帰宅途中の人が、ぼやいていた。
「コロナのお陰で、医院は満員だったわ」
「私はアルコールで消毒するから大丈夫!」吞兵衛さんの言う事はこれだけ。
昼間、電話があった。
社協の彼女からだった。、
「サロンは3月はお休みにします。みんなに知らせてください」
市内にはサロンがかなりある。
電話連絡も大変だろうな。
夕方、小学校から電話が入った。
「感謝の会を中止します。まことに申し訳ないのですが・・」
「いえいえこんな状況の時に、そんな感謝なんていらないですよ」
感謝される人たちは、小学校でボランティアをしている人たちだ。
「さいわい学校のふれあい行事は、すべて終わっているのでよかったです」
「卒業式もありますから大変ですねえ」
散歩の時に、毎日のように音楽室から聞こえてくる卒業式の歌。
今日は聞こえなかった。
今日の風は冷たく、心まで冷え冷えした。
「風の寒さ 細身に応える ありがとう」  自然大好き友達の庭8sanya27.jpg

雨のち晴れ

昨夜来の雨は今朝は止んでいた。
白梅は散り果てて、地面に雪が降っような景色だった。
雨が止んだら風が吹く。
この風は、春一番なのかな?木枯らしなのかな?
水曜日の朝。
二日分の洗濯をして、掃除にとりかかる。
風が吹いたので、気持ちよく乾いた。
久しぶりに青空を見た。
買い物に行って、大きなりんごが3個で500円だったので、買った。
前回作ったりんごジャムは食べ尽した。
それでたまには手間暇かけようと、決心した。
何もしない手は、老いていくばかり。
午後は3個のりんごジャムに取り組んだ。
量を増やすためにサツマイモを入れた。
午後のテレビもあの問題を取り上げて、その話ばかりなので
耳を開いて、手を動かせた。
うまい具合にりんごジャムは出来上がった。
その鍋で、夕食にはシチューを作った。
玉ねぎが時によっては、ものすごく安い。
5個で百円の時に買ったのだろう?
台所でころころしている。
もっと使わなければ減らないと、昨日から一個ずつ使っている。
明日はハンバーグか、カレーライスか?

今日は予定があったが「ストップ」がかかって、動けなかった。
雨上がりに庭の草を取った。
「草はまだ短いうちに・・」根が張っていないので、抜きやすい。
「普段と違う この異様さ 不気味 いやな感覚 ありがとう?」8hato21.jpg


いそがしい

そんなはずはないでしょ?
いくら急いでも、時間には追いつけない。
それでも動く。
午後からの小学校花壇の手入れに行くために。

2通の絵手紙に、文をしたためて投函する。
瞬く間に切手は激減していく。
郵便局で63円切手をワンシート買う。
「どれがいいですか?」
記念切手はいろいろ発行されるようになった。
一番目新しい「グリーン」切手を買う。
どうせ出す切手なら、目新しくて、ほっとする切手がいい。
歳を取って何も出来なくなったと嘆く私に息子は言った。
「お母さんには絵手紙があるでしょ?」
そうだ、私には絵手紙がある。絵手紙しかない。

午後の予定に合わせて、時間は流れる。
午後1時、小学校花壇に行ったら、もうみんな来ていた。
同い年の4人と、若いお母さんがひとり。計5人で花壇の手入れをした。
雑草を抜いて、花柄をつむ。
寒さのために育たない花もある。
1時間半、花と草に取り組んだ。
次回は卒業式前に手入れをしようという事になった。
男性2人は、実生から花を育てる。
花苗を買えば早いのに、種をまいてからである。
それも前年に採取した花の種を使うのだ。
それで、花の色をしっかり分別していたらしいのだが、あちゃこちゃになって「赤い花」
のつもりの苗から紫の花が咲いたりしたそうだ。
花壇ボランティアをする人も増えないし、引退するわけにはいかない。
4人は後期高齢者だ。
帰宅してラッキーと散歩に行った。
菜の花のこぼれ種から芽が出ていた。
その苗を掘って帰って、近くの花壇に植えた。
今夜は雨が降るとかで、水やりは要らない。

そうそう昼食の時間に、大阪の同級生から電話があった。
昼食が終わって・・掛けたのだろう。
今年の同級会は、彼が引き受けていた。
しかし膝の手術が入って、今はリハビリ中らしい。
あと一週間もすれば、退院でしょうと言った。
「でもね、無理は禁物だよ。ゆっくり完全によくしてから・・でいいんだよ」そう私は言ったが。
早く・・歩けるうちに、やって欲しいという人も居るようだ。
時間は流れる。
急いでも、ゆっくりしてても、時は流れる。
そして変化もあるだろうが、どうでもいい。

変な「新型コロナウィルス」で、どうなるだろう?
「花が咲く 愉しみに待つ ありがとう」  散歩道に咲く菜の花8nanoha25.jpg




振替休日

公共のものは今日はお休みだった。
近くの保育園も昨日・今日はお休み。(土曜日はやっている)
振替休日とかで閑散としている。
高齢化したこの地区では、子供の声も聞こえない。
私も休日が欲しい!
ゆったり温泉につかりたい。
贅沢だろうか?
まだ動けるうちに。
義姉に電話した。
「元気~?」
姉の声はいつも元気だ。
「私って何も考えないから、元気なのよ!」
どうせ、考えてもロクな事を思わない。
「食べるものはおいしいし、作るのが好きだから・・きっと長生きするわよ」
羨しいような性格だ。
「何もしなくても一日、一日が過ぎていくし・・」「さくらが咲いたら、お花見に行こうね!」
桜の開花が待ち遠しい。
我が家の近くで河津さくらが咲いている。
ごご薬局へ化粧品を買いに行った。
以前あったドラッグストアが、閉店して何年になるだろう?
かれこれ5年以上か、そのお店が頼りだったのに、化粧品がなくなって
新しい薬局へ行った。
店内は閑散としていた。
化粧品もたくさんあり過ぎて、高齢の私には何がどうなっているのか分からない。
店員さんに聞いた。
「粉おしろいが欲しいんですけど、さっぱりわからなくて・・」
中身の粉白粉とケースが別売りになっていた。
なんとか訳のわからない字で、説明している。
チンプンかんぷんの文字だ。
私が握っていた化粧品はコーセー。
「あのう、資生堂も他の化粧品もありますが・・」
「どうせ、有名メーカー品は高いのでしょ?」
「そんなに変わらないですが・・」
化粧品を買って、ケースを買ったら・・8千円を出た。
せいぜい5000円止まりかと思っていたので、驚いた。
財布の中には7000円しかない。
「お金が足りないから、少し返品しようかな?」
レジの女性はじっと待っていた。
「あ、そうそう。私のへそくりがあったわ」
いざの時のために、テレホンカードに挟んである一万円札を思い出した。
辛うじて、それで化粧品代は間に合った。
あ~超久しぶりに化粧品なんか買ったものだから、冷や汗ものだ゜った。
先日、ラッキーとの散歩で見つけた「河津さくら」を撮ろうとカメラを持っていた。
少し遠回りして、そのさくらを撮った。
帰宅して買ったばかりの化粧品の「とりせつ」の小さな文字を天眼鏡で
見ながら、ケースの中に収めた。
3連休も終わった。
今日は快晴で、太陽の暖かさが身にしみた。
「太陽さん ありがとう」  河津さくら8kawa24.jpg





Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード